51amcvyhqsl

第1章 外国語と日本語の違いを意識する(日本の国語教育では外国語の習得に対応できない 国語教育の弊害 ほか) 第2章 翻訳できる日本語へ(主語を意識する ...
続き

コメント

日本語でも伝え方は難しいもんね

その他のコメント

日本語は主語が省略されがちだと言われるが、主語が省略されるとはどういうことなのか。情報量が減ることで相手が誤解するだけのデメリットでしかないのだろうか。

本書は主語が省略されることで生み出される日本語の美しさの再発見と共に、日本語を母語とする人達の考え方の傾向や、日本語を使って相手に伝えられる情報の特徴など、日本語と外国語を対比しながら普段意識することのない言葉の世界を紐解く。

自分の考えを的確に相手に伝えるための話し方について。超重要スキル。

読者

Icon user placeholderF0d8b930 ea6f 439f 91d8 8f054ce95f1fIcon user placeholderA0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a86ccdbe1 12c3 41df 95ed 4a91a4861f7cB07f5688 1ed2 4102 a122 8b292238f74c833e5d15 61f8 44fa 82f8 1321c15255a4F9440f56 0692 4aa5 957a e4e0e3154866 8人

社会

追及力 権力の暴走を食い止める

追及力 権力の暴走を食い止める

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

賛否分かれる、権力者への執拗な追求を続ける望月さんの対談書。 追求の巧みさを知れる深さは感じなかったけど、これからの彼女の発言や行動に引き続き注目したいと思う。

2日前

アフリカのことわざ

アフリカのことわざ

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

タイトルの通り、アフリカのことわざを集めた本。 われわれの考え方に近いものであっても単語や言い回しがアフリカならではのものや、思いもよらない示唆を与えてくれるものなど、様々なことわざに出会える。アフリカの風土や考え方・生き方が想像できて、楽しく読めた。 気に入ったことわざをいくつか。 「バッファローに追われて木のてっぺんに登るはめになったら、景色を楽しみなさい」 「木を植えるときは一本だけではなく三本植えなさい。日よけのためと、果物のためと、美観のために」 「やかましくさえずる鳥はまったく巣作りをしません」 「好きですることが財産の大半を作る」 「心配とは想像力の誤用である」 「山と山は会うことができないが、人間は会うことができる」 「アフリカでは、老人の死とは図書館の焼失」 「ひとりでハチミツを全部食べる者は必ずお腹を痛めます」 「愚者は喋り、賢者は聞く」

6日前