41ugma9tgkl

選挙の仕組みに難点が見えてくるとき、統治の根幹が揺らぎはじめる。選挙制度の欠陥と綻びが露呈する現在の日本。多数決は本当に国民の意思を適切に反映しているのか... 続き

コメント

その他のコメント

多数決は民主的でない。そこで、まずボルダルールという、1位 3点、2位 2点、3位 1点のような点数を集計する方法が、紹介され、これぞ民主的か!と思わせる。
残念ながらすぐに、ボルダルールは矛盾があることが示される。
その後も投票の処理方法が紹介される。が、どれも一長一短。とはいえ、今の日本の選挙制度の不条理からすると、かなり建設的な議論で面白い。

〈国民投票における改憲可決ラインを、現行の過半数ではなく、64%まで高めるのがよい〉

「民意を反映するってどういうことやねん!」って問題があります。
50%しか支持されてない与党が、70%の議席を獲得する小選挙区制は、民意を反映してるの?
自分が有利になるためにズルをする人は、どうしたら減らせるの?

ルソーから実際の理論まで。
具体例を交えて、投票システムについて優しく学べます。

おすすめ。

読者

2ac48ccf 4846 45d2 a273 1b10d8c6de36Icon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Bb0d6aee befc 4e8e a9fc 2b577472e979E1eccc89 dd0e 4978 852a 4dbc9dddd9c8F3184588 52ef 47fa 896d a8d8cb9ff49e60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a83513a6e4ab 90a7 42dd 8a21 3a08f0ce383c 13人

新書

昭和陸軍の軌跡 - 永田鉄山の構想とその分岐

昭和陸軍の軌跡 - 永田鉄山の構想とその分岐

38948064 0dfd 4e08 a0fb 6451e2c77602

bibi

本が好き

★★★★★満点 エリート達が何を考えどんな世界観から大局を見通し判断したかが分かるいい本。 二元論的に昭和史を振り返らず、各種情報をどう捉えて製作決定したか。えぐられるように分かる。 会社などの組織においても同様の事態は発生している。 改めて振り返りの重要さを認識できる良書

約6時間前

現代アート、超入門!

現代アート、超入門!

F92a7203 6d21 4c89 ae48 5c18dc4d61d6

yagibe

文庫、新書と1巻完結漫画の整理用…

マティスから始まってピカソ、カンディンスキー、キルヒナー、デュシャン、モンドリアン、マグリット、ロスコ、ウォーホルなど現代アートの流れがわかりやすく書かれていて、現代アートを見るのがより楽しみになった。

約9時間前

Picture1d81bd6b ea96 4934 9105 ac4d328008431683d5b1 7d4d 4689 a7cc c83ec99cde49