410vl80qwrl

死体に書き込まれた意味のない数字。人を殺人者へといざなうルーシー・モノストーンの歌声。双子の少女愉快犯。運命を数値化する男。そして、小林の人格に替わって生... 続き

コメント

読者

Akiaivjyeuyp25rambwa

大塚英志の本

クウデタア<完全版>

クウデタア<完全版>

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

50年代に起こった青年たちによる事件を元にした物語にして文芸批評。社会と内面のズレを解消するために「行為」に走った青年たちと「文体」に走った作家たち。 小説というものの存在価値とその価値の不可能性を同時に感じてしまい虚しくなった。大江健三郎や石原慎太郎、福田章二などを読んでみたくなった。 厚さ5センチという圧倒的質量に怯まずに読んでみて欲しい。

7か月前

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261
多重人格探偵サイコ (22)

多重人格探偵サイコ (22)

E132aaf5 5a6b 4262 b2e2 36da68ecc6db

ぶり

めずらしいものを見ると欲しくなる…

最早田島昭宇のネームバリュー以外に購読するポイントが見つかりません。 が、しかし。掲載誌ではついに完結、後は残り2冊の単行本でこの苦痛から解放される様なのでもう一踏ん張りですね!!

2年前