41x13rtcgrl

心理学者、強制収容所を体験する-飾りのないこの原題から、永遠のロングセラーは生まれた。"人間とは何か"を描いた静かな書を、新訳・新編集でおくる。 続き

コメント

著者が実際にその体験を生き、そのとき感じていたこと、考えていたこと。かけがえのない1人の”自分”としてどのようにその時を生きたのか。が語られているように感じました。

その他のコメント

苦しみに意味を見いだせれば、耐えることができる。「生きることから何かを期待するのではなく、生きることがわたしたちからなにを期待しているかが問題なのだ。」

不条理な世界で生き延びる。
絶望的な極限状態で生きる事とはなんであろうかと考える。
もちろんその様なことはおそらく無いであろうと希望も込めて思うのだけど人生は不条理、その時の為に備える。

読者

C8f3adc7 4838 44d5 a144 00aaff7f78626488ed43 0c09 4ae5 b36a 9f19574938ffIcon user placeholder1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64C70c8950 1f52 41ea 83f8 44049d97ec0429b4a94b 7381 4f17 a3c1 dbd0de072b21Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9 207人

ヴィクトール・E・フランクルの本