41x13rtcgrl

心理学者、強制収容所を体験する-飾りのないこの原題から、永遠のロングセラーは生まれた。"人間とは何か"を描いた静かな書を、新訳・新編集でおくる。 続き

コメント

何年ものの課題図書でしょう、『夜と霧』が読めました。読めたことに感動する。何年も絶滅収容所で生き延びる(労働力を極限を超えて搾取されながら)ことが可能だったことに驚き、その稀なる奇跡に驚く。フランクルが「死ではないほう」を選ぶ運命はドラマティックですらあり、そうでなければサバイバーではなかった、死んだ「より多くの」人々の背。重い。心理分析も生々しく興味深いです

その他のコメント

苦しみに意味を見いだせれば、耐えることができる。「生きることから何かを期待するのではなく、生きることがわたしたちからなにを期待しているかが問題なのだ。」

不条理な世界で生き延びる。
絶望的な極限状態で生きる事とはなんであろうかと考える。
もちろんその様なことはおそらく無いであろうと希望も込めて思うのだけど人生は不条理、その時の為に備える。

読者

2cb5b581 20be 4158 85d4 1f1a29ad5c58F594472c 0b62 423f b639 a20c06a365b6Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e95728673c 5af3 4736 9c56 4c7c0213fd3bIcon user placeholder8eaa37d7 5e67 4405 b8e1 1cc2c1ff5af8C8f3adc7 4838 44d5 a144 00aaff7f78626488ed43 0c09 4ae5 b36a 9f19574938ff 211人

ヴィクトール・E・フランクルの本