519k62xtqhl

コメント

第二次世界大戦中のドイツの強制収容所での体験記録。虐殺、拷問、残酷な人体実験。人としての尊厳などもはや失われたどん底の状況下でも、人は明日に希望を抱く。そして、希望があれば人は生きていける。絶望の中で、人は何を信じ、何に光を見いだすのか。実際にユダヤ人として収容された精神科医の著者が、心理学の視点から人間の精神状態の変化、その愚かさを記しています。是非、読んでほしいです。

その他のコメント

内容は面白いんだけども前書きの南京のくだりが古い感覚で語られていてもったいない(旧版)

読者

B895e8fe f2e0 4393 b335 c54abfd41f5607f984ff 131e 4f80 99d7 0ab8007ce29eBcd9e566 3d4e 4e46 b67b faad248c03e2B48ba323 5ce2 4704 a574 10e58225830c954dbfde 19e9 4dc5 b907 c45f8bd7e27e39d8dc3e 9357 4a27 adca 83507e23f4663e223e12 b768 4f8d 9a12 56e647614378A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06 14人