41nry8wpmll

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞ... 続き

コメント

それぞれが大なり小なり小さな秘密がある。夜、皆んなで歩くことで少しづつその秘密が見え隠れしてくる。 修学旅行の夜の様な懐かしい気持ちが残る話でした。

その他のコメント

高校生はもう子どもじゃない。色んなことを思って、考えて、行動できる。読後は一緒に歩行祭を完歩したような、ほのかな安堵感と清々しさがある。

学生時代に戻らせてくれるような本
大のお気に入りで何度も読み返した

光一郎の良さを多くの人に知ってほしい(笑)

読者

5ccce948 fb39 470d b106 d50c34d573e1A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b273bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b4266a9e9 81d3 419b 949e 371c8935ce58Icon user placeholder7996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb8490Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a6F888b04b d074 442c a9ef d49c5a8788b9 423人

恩田陸の本

蜜蜂と遠雷(上)

蜜蜂と遠雷(上)

E8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988a

あやこうちゃ

読書は心の旅

読みたいと思っていた本が、文庫本で出ていたので即購入。クラシックの知識が全くなくても、その世界にグイグイ引き込まれ、夢中で読めました! 実際にピアノの曲を聴きながら、もう一度じっくりと読みたいと思った。

24日前

Icon user placeholder8cadae10 e5fe 4997 bcba 969444a8154f197692da 4f9b 4c54 a928 98af41b5845d 13
劫尽童女

劫尽童女

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

「蜜蜂と遠雷」を読んでから恩田陸さんのファンになってしまった。特殊な能力を持つ少女、遥。追いかける秘密組織との闘い。劫尽とは世界の破滅をいう。 恩田陸さん曰く、「SFというのは、世界と直面し始める思春期に、自分と世界について考えるための絶好の手掛かりであり、永遠の青春小説でもある。」あとがきより

4か月前