41nry8wpmll

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞ... 続き

コメント

それぞれが大なり小なり小さな秘密がある。夜、皆んなで歩くことで少しづつその秘密が見え隠れしてくる。 修学旅行の夜の様な懐かしい気持ちが残る話でした。

その他のコメント

高校生はもう子どもじゃない。色んなことを思って、考えて、行動できる。読後は一緒に歩行祭を完歩したような、ほのかな安堵感と清々しさがある。

学生時代に戻らせてくれるような本
大のお気に入りで何度も読み返した

光一郎の良さを多くの人に知ってほしい(笑)

読者

9b680706 cd7f 4e48 ae00 9a17ab597a9dIcon user placeholder75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e99fca511f 02bc 4049 aab0 6ff107bd6b77F69103d3 afb8 46b7 9296 be330de91c0d2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb9093767bec f45d 44fd b1a9 e4478e0842843076d5af aac0 41c0 894a 5389283066f0 441人

恩田陸の本

錆びた太陽

錆びた太陽

Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141

はる

、。

ちょっと無茶な設定なのに、ユーモアがあってすごい面白かったけど、 なんとなく最後が。。

2か月前

0a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69f842ddbda 401c 438a ab02 eac060e27fd4Icon user placeholder
木曜組曲:

木曜組曲:

5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2

かやこ

3時間くらいでいいから猫になりた…

2時間ほどで一気に読んでしまった。現実と非現実の匙加減が絶妙で、読後感が案外爽やか。面白かったです

4か月前

Icon user placeholderF143c58e da2c 4359 afbe 6c6c34153112242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa