41nry8wpmll

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞ... 続き

コメント

マラソンしてやってもよかろう…みたいな感じになった小説。

その他のコメント

高校生はもう子どもじゃない。色んなことを思って、考えて、行動できる。読後は一緒に歩行祭を完歩したような、ほのかな安堵感と清々しさがある。

学生時代に戻らせてくれるような本
大のお気に入りで何度も読み返した

光一郎の良さを多くの人に知ってほしい(笑)

読者

Icon user placeholderIcon user placeholder9b680706 cd7f 4e48 ae00 9a17ab597a9dIcon user placeholder75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e99fca511f 02bc 4049 aab0 6ff107bd6b77F69103d3 afb8 46b7 9296 be330de91c0d2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb90 443人

恩田陸の本

蜜蜂と遠雷(下)

蜜蜂と遠雷(下)

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

新婚旅行に持って行った一冊。 クラシックをよく知っていたら、もっとこの小説を楽しめるんだろうな。 感動は周りの人達を成長させる。人の心を動かす力はとても魅力的だ。 「人を感動させたい」=「人を成長させたい」でもあるのかなと物語を読んで見て思った。 求めていく気持ちをしっかりと自分の中で持っていること。とても大切なことのように思う。

約20時間前

1f038acc bbec 43c9 b9cb 3522f6e76f4cB4f78cb3 4add 43a3 aa04 c1818cdf4b8563fdb86d 163f 46ff 9cef 6bf54e59c12c 33
祝祭と予感

祝祭と予感

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

「蜜蜂と遠雷」の映画を見た帰りに、本屋で見かけて、即読了。続きが読みたいと思わせるスピンオフ。この本が第二章のプロローグであることを切に願わずにいられない。

24日前

Cdd2dc49 ec0b 472a bbcb 8a386805552fAc175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1eDe620377 d7b3 413f 908d dc24e769262a 11
蜜蜂と遠雷(上)

蜜蜂と遠雷(上)

927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb07718

プクプク

本がすき

ピアノのコンクールに出場する天才たちのお話 いい音楽って何なんだろうか 音楽を愛するひとの永遠のテーマ 音の描写を読みながら、音を想像する 美しい音の流れが、新たな世界の扉を開く それぞれのコンテスタントの世界が あまりに輝いているので 結果なんかどうでもいいから その音楽を聴かせてほしい そんな気持ちになってしまうお話です(^^)

26日前

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453Icon user placeholder1f038acc bbec 43c9 b9cb 3522f6e76f4c 55