61boedooukl

狙うは呪われた大魔道師。魔法ならざる魔法を操る〈夜の写本師〉。日本ファンタジーの歴史を塗り替え、読書界にセンセーションを巻き起こした著者のデビュー作待望の... 続き

コメント

デビュー作とは思えないほど世界観がしっかりとしたファンタジー。荒削りな部分もあるけど文章の美しさに魅了される。

魔道士シリーズの1冊目。
児童向きファンタジー作品ではありませんが。
ファンタジーです。

ファンタジーの濃密な世界観は癖になる。
心地良く疲れた頭でぼーっと読後感に浸る。
楽しい物語だった。

2017/05/05 読了

緻密で濃いファンタジー。世界がちゃんと作り込まれていて物語りにどっぷり浸かることができる。
人々の闇、悪になる部分もきちんと描かれている。

読者

13b142e8 15a1 4fe0 aa8c ca2ef2d550b56c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b9bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d1Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb4492e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a828f87ab7 1cd1 451f ad7b d36ec8fcadb3A5431158 c238 4487 9105 a5b9b1eb70d74a0937ba f0b0 4faa 9f42 b5e9d7cafedd 17人

乾石智子の本

赤銅の魔女

赤銅の魔女

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

「オーリエラントの魔道士」シリーズ。最新作〈紐結びの魔道士〉三部作の① オーリエラントのどの時代かなと考えていたら巻末に年表があった。 シリーズを読んでない方は、この〈紐結び魔道士〉三部作から読み始めても充分楽しめる。 シッカリした設定と際立つキャラクター。其々の特徴ある魔法。ファンタジーあふれる世界だが、フワフワしてないのが、私は好きだ。 悲しい事辛い事は、容赦なく起こる。魔法だろうが何だろうが人生ってそうでしょう。そして特殊な能力を持つ者は、只の人より苦しむ事が多くなるのだろう。紐結びの魔道士リクエンシスが、立ち向かわねばならない闇を考えると心が痛む。 リクエンシスが心惹かれる「赤銅の魔女」が、如何に成長するのか。「剣」と「呪い」の真相は?次が楽しみだ。

2か月前