51vfvf1rt5l

全世界の欺瞞を呪詛し、その糾弾に生涯を賭け、ついに絶望的な闘いに傷つき倒れた"呪われた作家"セリーヌの自伝的小説。上巻は、第一次世界大戦に志願入隊し、武勲... 続き

コメント

「もし死が、明日にでも、僕をひっ捕えにやってきたとしても、僕はこれだけは言い切る自信がある、僕の死体はほかの奴らほど冷たくもなく、浅ましくもなく、鬱陶しくもないだろう。」

読者

Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc852939939 fed1 4627 abf9 9bd91dbf6bc9Bf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c033880d9eb 7863 43f1 907c da7c9c26944cD8f6797a a44e 4860 b5df 0fcde7760eb40857be53 5037 4f47 8418 6ec0d377595c 6人

セリーヌの本