41wmeirswil

星のふる晩、青年刑事ショーンは川に身を投げようとしている娘を救った。事情を尋ねると、彼女は悲嘆にくれた理由を語る。正確きわまりない予言をしてきた謎の人物に... 続き

コメント

2018 12月 課題本

前半の物語と後半の警察介入で話が代わり、どう展開していくのか見ものでしたが、最後はなんだ…という印象です。
目に見えないものへの恐怖は今よりももっと大きかったことを考えると、仕方ないのかも。

全般通して私の感想は
ロマンチックだなぁ~(笑)
だって~タイトルカッコイイよね!

読者

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

ウイリアム・アイリッシュの本

暁の死線

暁の死線

B357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b70265399

やあも

ゔぉくしー 園芸が趣味です

何度も読んだ。 結果がわかっててもハラハラドキドキ。 アイリッシュのミステリー大好きです。

約1年前

幻の女

幻の女

Dd9d9983 7e58 4c31 acd6 08a034476b36

あきやすいともえ

たまに熱中して、本読みます。

昔の訳者さんで一度読んでいたのに忘れてまた読んでしまった。面白い。お家に2冊目を発見!

1年前

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacD8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810
幻の女

幻の女

4878d0d5 5265 49a5 9cfc bee37d318029

iamM

読んだ作品の記録

ミステリー/気付くと話の中の男性と同じように女を追いかけて夢中で読み進めていた。ラストにかけて緊迫する感じがたまらない。真実が明かされた時やっと現実味が出る。

約4年前

C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac101ce732 b6c9 4d50 a0cf 6061026ffb1095ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd