410m56mvqrl

私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我ながらあからさま... 続き

コメント

あの頃に戻って木屋町界隈をまた闊歩したいものだ

その他のコメント

黒髪の乙女こと彼女が凄く天真爛漫で好奇心旺盛で可愛いです。
そしてそんな彼女を追い掛ける先輩がまあへたれなことへたれなこと。

でも、先輩視点で見る先輩は彼女のことを追い掛け回してへたれでわりと情けないのですが、彼女視点から見る先輩はちょっとなんだか格好いいです。
そこら辺の差がおもしろくてかわいい。

内容は丸々ファンタジーです。現実に基づきながらもなんだかぐにゃぐにゃしていて不思議な感じ。
なんだか京都の町ってこんなことがおこりそうだとにやにやします。
最後ハッピーエンドでなんとなくようやく噛み合った二人の考えがうれしくてじいんとしました。
面白かったです。

3回目読了。主人公が恋する黒髪の乙女のキュートさったら!ふたりにはどうか上手くいって欲しいものです。風邪の神様と文化祭の所が大好き。この本の美味しいお酒が飲みたい!のシーンに憧れて初めて1人飲み歩いた夜を思い出す。楽しいものでした。私にとって突拍子の無い行動力が起きてしまう本です。読んだらすべて楽しいことが起きる予感がする。

読者

Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7cC6af0ead 83a6 49f2 ab89 a9c3ddd25cf02b737a21 ce60 4c95 814e f0da83a6bc751bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387Icon user placeholder2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Icon user placeholder 109人

森見登美彦の本

太陽と乙女

太陽と乙女

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

森見氏の、デビューから現在に至るまで、 新聞や雑誌、舞台パンフなどなどあらゆる媒体で書かれた文章をほぼ網羅したエッセイ集。 ひねくれつつも、どこか愛のある、 人間味を感じる森見氏の文体が好きだ。 もっと言うと、 大学生の頃のノリを延長したかのような空気感が大好きだ。 その時の思い出がなければ、 数々の名作はこの世に生まれ出なかったのであろう。 氏と同じライフル射撃部だったという明石氏やダークスコルピオン氏にぜひお会いしてみたい。 願わくば、 一番森見汁の濃い『太陽の塔』の早期映像化を! もちろん同じ大学ノリを感じるヨーロッパ企画上田氏脚本で!

6か月前

C9584f8f 2258 4507 a920 cb169b4ce715Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Icon user placeholder 15
森見登美彦の京都ぐるぐる案内

森見登美彦の京都ぐるぐる案内

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

手描きの見やすい地図つきで、街をまわってる感じがあっていい。文学的な要素もあり、飽きにくく、サクッと読める。 主要の観光スポットだけではないので、ぶらりと歩きたい人、ガイドブックまではいらない人にとっては、おもしろい本かもしれない。

約1年前

Ef4056d8 4c77 4727 8c8a 4ec70402cae39886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c8bbb3d77 37f1 442a 810f 5c57425c0c50 9
ぐるぐる問答: 森見登美彦氏対談集

ぐるぐる問答: 森見登美彦氏対談集

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

森見先生最初で最後?の対談集。 なかなかバラエティに富んだ対談陣で、モリミーの謙虚さが存分に出ています(笑) 万城目さんとの対談とか、 「仲良しか!」って感じで(笑) ヨーロッパ企画の上田さんとはだいぶしっかりとした創作論を語っていておもしろいです。 巻末の10年前の自分と対談する体の小説も笑えます。

1年前

74912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab4Fa341b63 d285 4a04 b4f5 9cd34942bd39Icon user placeholder
夜行

夜行

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

森見登美彦作家生活10周年記念作品最終作、 と言いながら13年目に出た本作です(笑) 『きつねのはなし』以来の怖い話ということで、 いやまてよ、『宵山万華鏡』もちょっと怖かったけどあれはノーカウント? まぁそれはどーでもよくて。 ひさしぶりにゾクッとさせられました。 京都という普段見慣れた街で起こる出来事というのが、 また作品世界への没入感を深めてくれますね。 あと怖い話の時は文体がマジになる(笑) 不安な気持ちで連載中の『シャーロック・ホームズの凱旋』を読むと、 「あ、平常運転だ」と安心するんですが(笑) 書き分けの幅広さも森見先生のスゴいところですね。 好きな人の本って、 あっという間に読みきっちゃうんだなぁ。

1年前

Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8A432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1Lbb1pwey normal 107