51ivzkepezl

私は何者?私の居場所は、どこかにあるの?どんな罪を犯したのか。本当の名前は何なのか。整形を繰り返し隠れ暮らす母の秘密を知りたい。魂の疾走を描き切った、苛烈... 続き

コメント

全体構成は異色の題材、手紙による語りかけの文体、謎、奇妙だけどもミステリの様•••だけど冒険譚のような!気が付けばのめり込んでる不思議な話。ただラストが糞すぎる。まるで急に作者が飽きたかのよう。丁寧に紡いで放り出す桐野さんのダメなとこが出た印象でした。これはカタルシスとかじゃないと思うんだけど。

その他のコメント

故郷もなく、友達もなく、それでもマイコは生きている。

家もない国籍もない自分の親の本当の名前も知らない。
犯罪者の子どもはいったいどんな人生を送るのか。読みふけってしまう本でした。

読者

3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aD5a6691b adf0 419c 99c3 a82c187b64655c74e92a e061 464d 8727 474760c2e12b89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7c6c381bd5 9159 4827 952a 6a4284adbc7b63982b2d fdb9 4410 96d6 bf9ab231c71c6bd60b2d a909 497a a060 b0b2385d6aa7Icon user placeholder 14人

桐野夏生の本

とめどなく囁く

とめどなく囁く

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

父親より年上の資産家と再婚した塩崎早樹はかつて海釣りに出かけたまま失踪した夫がいた過去があった。 ある日元義母よりその夫を目撃したとの情報が入る。 死亡認定も出し、新たな人生を歩み始めた早樹であったが、区切りをつけたはずの過去が迫ってくる。そして新たな事実が次々と判明し失踪の謎に肉薄していく。 知っているようで実は全く知らない夫婦という赤の他人の恐ろしさ、地獄の淵から甦る「人間失格」的な独白に底なしの救いのなさと哀しみを感じた。 舞台となる逗子の母衣山はおそらく披露山をモデルにしたのであろう。

4か月前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a18511618 542e 424f a9c0 020484758922Icon user placeholder
ロンリネス

ロンリネス

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

「ハピネス」の続編。夫と娘一人の有紗が住む21世紀の団地ことタワマンを舞台に前作とは違って団地妻もといタワマンママの水面下での足の蹴り合い及びマウントの奪い合いから、今作は思いもよらぬ男性との出会いそこからの発展と個人的な領域に踏み込んでいる。 舞台となる湾岸にある52階建てのタワマンは世間があこがれるイメージとは裏腹に「再びごみの袋を提げて、長い開放廊下を端にあるゴミ集積所まで歩いた」P.6「ゴミを捨てた後、エレベータを待ちながら有紗はつい先ほどの会話を反芻して首を振る」P.12とあるようにどうもこのタワマンはゴミ置き場が各階に無いらしくそれが一層の団地感を醸し出している。わりと低価格帯なのかもしれない。 高い管理費と修繕積立金、それを入居前に計算できず負担に耐えられずなのか新婚時の思い出づくりなのかわからないが入れ替わり立替わりで猫の目のようにくるくる変わる若い住民及びそれに伴う長期居住者との断絶、なかなか出てこない機械式駐車場、海っぺりの吹きっさらしが更に加速させる強烈なビル風(一部作中には登場しない表現あり)どうでもいいマウントの取り合い、そこにどう向きあっていくのか物語の後半に結論らしきものは出るのだが。なぜ人はタワマンに惹かれるのか?奥様それでもタワマンに住みますか? またこの物語のもう一人の主役ともいえるタワマンの亜周辺にいる「公園要員」の江東区の土屋アンナこと美雨ママが小気味良いフックを繰り出していく。「わかるよ、とってもよくわかる。何度も言うけど、あたしは別に不倫しろと言いたいんじゃないの。結果として不倫という言葉が付いてくるけど、仕方がない時もあるんだよ。大人なんだからさ。それを有紗だけにはわかってほしくて、言ってるの」P.142 「常套手段だよ。女が逃げようとすると捕まえて、女がマジになると腰が退ける」P.408 そして有紗が得る「旅」という視点、そこから至る結論というか発想に行き場のなさからの解放を感じた。 「さっきね、あなたともう会わないと決めたときに、旅をやめて帰ろうかとふと思ったの。で旅という発想にちょっと驚いていろいろ考えていたのよね。そしたら、あなたからのメールがきて旅の魅力に負けたのよ。旅って あなたと付き合うことよ。だけど、旅だから、いつか帰るのかなとも思った。家に帰るんじゃなくて、自分自身に帰るのかしらとかね。そしたら、家族とか責任とか倫理とか あまり人に縛られて生きることはないかもしれないと思えて」p.414 それが「恋愛」という一時的な二人の共同幻想だとしても 誰の為でもない「自分自身」という気づきこそが解放感の故なのだろう。 全くの余談だけど作中にも登場する「ららぽーと豊洲」にある書店の開店準備である棚詰めを10年以上前に手伝ったことがあり館内に謎の遊園地的な施設が全くの予想付かずだった為、作業中のとっても忙しいところを勝手にお邪魔してどういった施設か質問したところ「こども向けの就業体験施設」との回答を得た。それが「キッザニア」だった。あの当時のキッザニア職員の方大変お忙しいところどうもありがとうございました。 あの時はお邪魔してすいませんでした。

約1年前

372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e9Bd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b274f3c7c2 627a 4c2e 9081 ab68e139c4bc 8
路上のX

路上のX

18511618 542e 424f a9c0 020484758922

ちゃこふ

猫が好きです。二匹飼ってます

過酷なサバイバル生活の発端はあまりになさけない親達の過ちからであった。

1年前

3a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e19922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f4372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e9 8
だから荒野

だから荒野

922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d

ともちゃん

本屋さんでは早送りの時間流れる

46歳主婦、つれない甘えた家族の世話に何もかもが空虚に感じる事がある!アクセル踏んで飛び出しちゃえ〜って、誰もがやってみたい家出の先にある珍道中で見えてくるものは…人って易々と変わるもんじゃないって事(^^;)どんな家族にもある荒野をそのまま生きるか⁉︎沃野(よくや)…よく肥えた平野…にする為せっせと水を撒くか⁉︎どっちもありやね。

約2年前

Icon user placeholderF4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966cIcon user placeholder 15