51s5wcsy9gl

芸人、芥川賞作家・又吉直樹 初の新書 芸人で、芥川賞作家の又吉直樹が、 少年期からこれまで読んできた数々の小説を通して、 「なぜ本を読むのか」「文学... 続き

コメント

最初は「火花」のブームに乗っかって出された感が気になったけど、内容がかなり充実していてブーム云々言っていた自分を恥じた一冊。

又吉さんはエッセイ的な書物をいくつか出していて、エピソードが被っていることがよくあるのだけれど、この本では初耳なエピソードが沢山あって少し驚いた。

又吉さんの感性は「カキフライが無いなら来なかった」や「東京百景」でも感じることができるが、又吉さんの思考回路に触れられるのはこの一冊しかないかなと思う。

その他のコメント

10年以上前、高校生だった時に私は又吉さんのブログを熱心に読んでいた。その影響で太宰治や中村文則を読むようになった。この人の感覚は信じられると10代の時に思い、今もずっとそう思っている。この本は読者としての又吉さんの姿勢がガチで、本気で、熱すぎて、あぁあの時のブログの感じだ…と感動した。それでもあの頃の又吉さんと違うのは、読者としてさらに成長していることだ。きっと小説を書くという作業を通してさらに大きな進化を遂げたのだと思う。今後も期待。

読者

38c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c2B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f40b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1ae1e51f29c 3094 4fe9 8d7c 60d46b4c4c0144836f62 c5ba 41c1 aa7b 4dec913c11fd0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09Icon user placeholder 34人

又吉直樹の本

火花

火花

6080093b f6c4 478e ab44 307bdfeab0dc

引用しています。

笑えばいいのか泣けばいいのか。切ないけど真っ暗な話じゃなくてよかったです。それこそ線香花火みたいな。

約2年前

Icon user placeholder73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87bD712c206 78c0 44ff af6c 84b3d20b4d8f 75
劇場

劇場

1e4ff2fc a2df 4d2d 9c9d df86a7f6542d

meglita

ビールラバー、寿司ジョ

誰かにとってのまっとうな理屈は、誰かにとっては窮屈な屁理屈でしかないけれど。窮屈な世界に閉じ込められている人はきっと、屁理屈にも気づかない。

約2年前

Bd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b2A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b2B825f8a6 a73e 4031 aab6 2530326d4960 144