51cvp7pmt6l

コメント

ぼろ鳶組のキャラクター達が大暴れ!火消しの矜持とは。。。男達は悩み立ち上がるのです。カッコいい!一押しは深雪さんだ。江戸火消しについても、知らない事ばかりだった。大きな悪巧みに巻き込まれながら、源吾達のする事は、人を火から救う事。唯一点のみ。読者は、笑ったり泣いたり奮い立ったり大忙しです。

その他のコメント

2017/12/20 読了

羽州ぼろ鳶組第2弾❗️
今回は長編。
前編にて再生した源吾は完全復活。悪の組織もパワーアップ。手に汗握る展開の中で笑いを誘うポイントもあり、活劇のツボをおさえています。
新たなメンバーも加わり、さらなる活躍が楽しみです。3巻目、買いに行こう❗️

面白い時代ものが読みたい、面白い娯楽作品が読みたい、という人がいたら真っ先に薦めるだろうこちら。ほんとに面白い。旗本家をクビになった火消侍がとある小藩の火消を立て直すべくスカウトされチーム編成をする過程が中心の前作から、本作では幕閣の権力争いによる凶悪事件が前面に出された感じ。当時の火消にはまずそのテリトリーを受け持つ火消団体が鐘を打たないと他の火消は手を出してはいけないというルールがあったそうでそれを逆手にとった連中が主だった火消の家族を攫い鐘を打ったり出動したりしないように脅す、という話。火消たちの連帯感や謎解き、火災シーンやアクションシーンの見事さなど本作も素晴らしい完成度。実に面白かった。次作が楽しみでならない。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4721ff227 6404 486e a136 194741a375b4 3人

今村翔吾の本

童の神

童の神

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

わかってはいたけれど、ラストが泣けて……。 登場人物達の豪華な事!そして、見事な事!白髪の安倍晴明も渋い! 何故なのだろう異端を忌み嫌うのは。現代でも桜暁丸の志しが、決してかなっているとは言い難いのが。 悔しい。悲しい。 「奥州ぼろ鳶組シリーズ」の、怒涛の展開はそのままに、命をかけて希望に向かう男達を丁寧に長い時をかけて描いている。 解決の糸口が見つからない重い話を、塞ぎ込む事なく読めたのは、桜暁丸と今村先生のおかげかな。

3日前

Icon user placeholderIcon user placeholder
鬼煙管 羽州ぼろ鳶組

鬼煙管 羽州ぼろ鳶組

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

個人的に今、一番ハマっている時代もの娯楽作品。楽しみを後回しにできない弱い人間なので次々に手に取ってしまう(笑) 本作では舞台が京都に設定されており京都町奉行の長谷川平蔵(あの鬼平の父親)から支援要請を受けた主人公たち江戸の大名火消しの主要メンバーが慣れない京都で連続放火魔に立ち向かう、という話。朝廷と幕府のある種の争いが背景に設定されておりスケールの大きな事件が描かれている。四作目の本作でもテンションは全く落ちておらず見事な出来。はやくも次作が読みたくてたまらない。お見事です。

27日前

721ff227 6404 486e a136 194741a375b41525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
夢胡蝶 羽州ぼろ鳶組

夢胡蝶 羽州ぼろ鳶組

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/09/30 読了 第1巻を本屋で見かけてからここまで来ました。ここまでのめり込んだのは『みをつくし』以来でしょうか。この巻はなんとサイン本でした(^o^) さて、今回は吉原を舞台とした彦弥の話。彦弥、見かけもココロも男前ですね。謎解きが中心で火消しの活躍が少なかったのが残念ですが、いい話でした。 「願いは叶えてやるさ」 「ぞっとする」

約1か月前

5dd9fbc0 a59e 49ac 887b 646fd19200c46c691830 1283 4653 871c d81a06afb9491525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
九紋龍 羽州ぼろ鳶組

九紋龍 羽州ぼろ鳶組

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

最近の時代ものでは今、一番のお気に入りのシリーズ。本作は三作目。火付盗賊改の長官が長谷川平蔵(あの鬼平の父という時代設定)で無くなったこともあり、火付けをしてその隙に大店を襲い子供まで皆殺しにしてしまうとう凶悪な賊が江戸に戻ってきた。火消の立場でこの事態に臨む主人公たちに、突然国元から乗り込んできた藩主一族の有力者がコスト削減を言い渡し、更には個人の能力では最高と言われる町火消の頭の謎の動向が絡んできて...という話。サスペンスの要素もあり火事から人の命を救うという目的で連帯する火消したちの熱い気持ちがあり、恋愛あり涙ありでもうほんとに素晴らしいエンターテインメント。自作も楽しみでならない。

約1か月前

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4721ff227 6404 486e a136 194741a375b4