51iszcjkabl

不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。ところが僕はその台詞を自分に対して発しなければならなくなる-。建設会社に勤める渡部は、派遣社員の仲西秋葉と不倫の恋に墜... 続き

コメント

女性のしたたかさと男性の単純さが対比されてて、ラストは脱力感。

評価★★★☆☆
「不倫なんか馬鹿がすることだ。」そう思っていた主人公が不倫にのめり込んでいく物語。
不倫をしたことがある人におすすめの一冊。

とても想像しやすい描写で、グイグイストーリーに惹かれていきました
表紙に一目惚れして購入した小説でしたが、とてもおもしろいお話で満足です

この作品好きだと一押しする人を見たことありませんが、実は東野作品読んだのはこれが初めてでした。
気分的にこういうものを読みたいなぁと思った時にちょうど発売され読んでみました。あまりに頭の中で映像が流れるので凄いなと思い、でもこの人にハマると他の読めないかもと今だに別の作品読むの怖いくらい衝撃の東野圭吾初体験となった思い出の一品。

男ってこうなのかと疑心暗鬼になった一冊

読者

62eec5fc e3b0 4557 9a2d a5785cccb4c41f5a0c0a 6bea 490c a316 5c8d46675b09Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b4e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529fC3d1845f 9b56 4c33 a555 61091d93e415Icon user placeholderDd2e9fe1 f34c 46d6 8f37 461fa85a9c40A3d99ef3 1e3d 40c3 a529 b739404a3d03 46人

東野圭吾の本

虚ろな十字架

虚ろな十字架

922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d

ともちゃん

本屋さんでは早送りの時間流れる

「死刑制度」「償い」がテーマ。(オウム真理教13人の実刑により考えてみようと…)お腹の奥底に重い石を投げ入れられた苦しい気分。考えれば考える程に答えが出ない。被害者も加害者も周りの人も、すべての人の些細な感情の動きを自分も持ち合わせている事に気づく。誰にもなり得る自分が怖い。

2か月前

57e191c5 a69d 4aaf b8a3 5625582531f18a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb5425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06d 26
人魚の眠る家

人魚の眠る家

72c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a6

大学生② 土日に読み貯めます。

生きているとはどういうことなのか、今の日本の医療の在り方や臓器移植の問題について考えさせられました。 こんな介護の仕方があるのかと驚きました

3か月前

Icon user placeholder49a553b8 51dd 4dea a6c6 dd456565adceB3302881 8e87 48dc 91fb 4e7e555407bf 59
ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133

千野久美子

海の近くに住んでいます。

夢中になって読みました。 しかしさいご、あれっと思い結末だけを読み返しましたが、それまでの迫ってくる文章の最後としては、物足りなく思いました。

5か月前

E344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947Icon user placeholder 79