51umt9m6ykl

かつて子どもだった すべての大人たちへ。郵便配達人・時任は、階段島での生活を気に入っていた。手紙を受け取り、カブに乗って、届ける。七草や堀を応援しつつも、... 続き

コメント

その他のコメント

階段島シリーズ第5弾。いろいろなトラウマや人生が凝縮されて、展開されました。みんなが幸せになると良いな、と思う。すてきな魔法があると良いなー。

読者

9e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c54746443cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca0328bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31Icon user placeholder 4人

河野裕の本

最良の嘘の最後のひと言

最良の嘘の最後のひと言

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

階段島シリーズが好きなので、購入しました。期待して読んだのですが、、、正直期待ハズれでした。騙し合いの騙し合い小説は、何がなんだかわからないし、騙し合いの騙し合いって、読んでてそんなに面白くない。うーん、残念な感じです。

1年前

Icon user placeholder248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c387ada862 93b0 4448 a32b 32ba261b7c64
汚れた赤を恋と呼ぶんだ

汚れた赤を恋と呼ぶんだ

2e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a8

sora@あろす

屁理屈、眼鏡、本の虫、珈琲好き、…

だんだんと青い熱を帯びてきた気がする。今後に期待です。 光る言葉がちらほらとあり、シリーズ3作の中で好きな言い回しが一番多かった。 最終巻ではないのに、こんな雰囲気で大丈夫か?と要らぬ心配をしながら読んでいた。本当に要らぬ心配だった。続きが気になる良い引きでした。 2016/02/18 読了 自分の中にあるルールを守り過ぎるというのも考えもの。何事も加減が大事。白や黒の方がわかりやすいのだけれど、彼女には濃淡を意識して灰色を獲得して欲しい。 闖入者の大暴れで嵐の予感。 2017/04/25 再読

2年前

23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593Icon user placeholder1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5f 16