61tkwxayhrl

異例のひろがりで話題騒然となった 『死んでしまう系のぼくらに』を超える、 待望の新詩集! - - - 都会を好きになった瞬間、自殺したようなものだよ。... 続き

コメント

読後感が最高密度の青色だった。
思ってるけどいつも言わないようにしてることが書いてあったような感じ。
何回も読むと思う。

その他のコメント

よくわかんなかったりわかったり。
それでいいんだと思う。
そんな本です。

どの詩も格好良く切ない。読む度になんか生まれるそんな感じがする!とにかく読んでみて欲しいです。

読者

515af6c3 d417 4d4c 9d63 55a5e0f200803230f102 4838 4de8 8ec8 2a4615cf8d4c5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Daf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319174636fc 64b0 4154 8e1f 24126c9a62f75cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc294a0e84f fc4d 4f21 af03 c8221245286b 30人

最果タヒの本

団地のはなし 彼女と団地の8つの物語

団地のはなし 彼女と団地の8つの物語

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

ノスタルジーやマテリアルに傾きがちな団地本に於いて(好きだけど)生活の場としての団地に心地よさを感じるのはほとんどの執筆が女性だからか?短編「向かい合わせの二つの部屋」松田青子に描かれるゆるやかな地域共同体としてのこれからの団地の姿を見た。読了後「エイリアンズ」を口ずさむ。8篇の団地アンソロジー。

約1年前

Icon user placeholderBba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b5235cf1c ad95 4d17 a234 e8aca9f68f3d 15
文学ムック たべるのがおそい vol.3

文学ムック たべるのがおそい vol.3

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

今号で真っ先に読んだのは、セサル・アイラの『ピカソ』 牛乳瓶から出てきた妖精に「ピカソになるのとピカソを手に入れるのと、どちらにするか」と訊ねられていろいろ考えたあげく……というお話。面白い。どうにもならないことを考えて(妄想して)いるうちに1日があっという間に過ぎてしまうタイプの人はハマると思う。

約1年前

De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644cEc3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e01e83e0ed bc19 46c3 9ac4 081018c472aa 10