515dgcqs3cl

ある山間の寒村に伝わる風習。この村では、死者からくりぬいた顔を地蔵にはめ込んで弔う。くりぬかれた穴には白米を盛り、親族で食べわけるという。この事から、顔を... 続き

コメント

着信アリのスマホ版という印象。
機械が進歩するとオカルトも進歩するのは面白い。

2017/03/10 読了

読者

Dfd5ce13 2356 47d8 aac5 7ba58df4cac78f286b70 e37c 4bdf b257 f4c38ce0d72e0ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf72e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a8Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8 5人

文学

人魚の眠る家

人魚の眠る家

4d1786fb 7469 4e29 86ce d3411a41ee71

oni

高校一年生

正直この物語に出てくる母親は世間一般的にはかなり狂っている。だが、それが間違っているのかというと僕にはわからない。一般の人々には縁の薄い脳死に関する問題を深く掘り下げた小説であったが。とにかく考えさせられた。ハッピーエンドともバッエンとも言えないエンディングもこれでいいのだろうかと考えさせられた。

5分前

4b381352 ea06 425c b8ef 6e8b30c4c4f51e284e10 bd81 455d 9141 280a2df39b363e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be 34
リバース

リバース

4d1786fb 7469 4e29 86ce d3411a41ee71

oni

高校一年生

この本は「イヤミスの女王」と呼ばれる湊かなえの天才的な才能が感じられる。終章のたった数文でのどんでん返しには思わず鳥肌が立つほどだった。そしてそのどんでん返しは決して突飛なものではなく、読み返してみると何気ないところにこれでもかというほど伏線が張り巡らさせていた。後味は最悪な物語だが是非とも読むべき本である。

12分前

093a9df0 2125 4a7e b799 91523832c1481bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387D84b4b9d 16d7 4b8e 8a2d bf013fe2bd37 71