Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
515dgcqs3cl

ある山間の寒村に伝わる風習。この村では、死者からくりぬいた顔を地蔵にはめ込んで弔う。くりぬかれた穴には白米を盛り、親族で食べわけるという。この事から、顔を... 続き

コメント

着信アリのスマホ版という印象。
機械が進歩するとオカルトも進歩するのは面白い。

2017/03/10 読了

読者

76bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96d8f286b70 e37c 4bdf b257 f4c38ce0d72e0ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf72e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a80287a917 741f 4692 b89b 011f58ca1e47 5人

文学

冬空トランス

冬空トランス

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

可愛すぎる名探偵・樋口真由と、弱小映画研究部長・遊佐渉のコンビが、謎を解き明かしていくシリーズの3冊目。今回は、二人がが3つのトリックに挑戦する。観覧車、校舎、放送室という密室で事件が起こるのだが、その日常性に比してトリックそのものが少し非現実的な感じがした。ただ、楽しみはこの二人の関係がどう進展するかにもあり、次に期待したい。

約17時間前

午後の蝶―短歌日記〈2014〉

午後の蝶―短歌日記〈2014〉

E28b3c51 cef9 46ea b7db 1095e8687c52

e

ほんのむし

10/20のが特にすき。金木犀の二度咲きって、わくわくする。“ふたたびの 木犀の香を吸ひながら 夜をあゆみたし 何も求めず” 20171231

1日前