51gc5myodvl

僕らは誰も彼女のことを忘れられなかった。 私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だった。十年前、鞍馬の火祭りを訪れた私たちの前から、長谷川さん... 続き

コメント

どんどん引き込まれていきました。読んでるうちにだんだん現実との境界線が曖昧になっていくような不思議な作品でした。『夜行列車の夜行であるかもしれず、百鬼夜行の夜行であるかもしれぬ。』
明ける夜があるからこその夜行なんでしょうね。
眠れぬ夜にオススメの一冊です!

その他のコメント

森見登美彦作家生活10周年記念作品最終作、
と言いながら13年目に出た本作です(笑)

『きつねのはなし』以来の怖い話ということで、
いやまてよ、『宵山万華鏡』もちょっと怖かったけどあれはノーカウント?
まぁそれはどーでもよくて。

ひさしぶりにゾクッとさせられました。

京都という普段見慣れた街で起こる出来事というのが、
また作品世界への没入感を深めてくれますね。

あと怖い話の時は文体がマジになる(笑)

不安な気持ちで連載中の『シャーロック・ホームズの凱旋』を読むと、
「あ、平常運転だ」と安心するんですが(笑)

書き分けの幅広さも森見先生のスゴいところですね。

好きな人の本って、
あっという間に読みきっちゃうんだなぁ。

鞍馬の火祭で姿を消した女性…10年後、彼女の旧知が再び火祭を見るために集まる。彼らは10年の間で経験した不気味な出来事を語り合い始め、やがてそれらの出来事は1つの事実に辿り着くことになる…

森見氏の作品らしく、幻想的な表現と引き込まれる世界観。そして読者を唸らせる展開に、ページをめくる手が止まりませんでした。

今いる現実からちょっとだけ逃げ出したい方は、一度森見氏が描く世界に迷い込んでみてはいかがでしょうか?あなたがいる世界が変わるかもわかりません。

読者

B4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b1Cfc25a64 595b 4142 adeb 36e6a066085064e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a878ca455 eced 41c4 be27 dae634229bca92cc7c47 8c16 4ac5 8df8 1103aa1004c14d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e4310b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd190970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a 184人

森見登美彦の本

太陽の塔(1)

太陽の塔(1)

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

アイコンで出てこないのが残念だけど、装丁が素敵。好きな人に振り向いてもらえないもどかしさを感じたことのある人は心が締め付けられ、もどかしさを乗り越えた人は懐かしさとあの頃の自分の頑張りを讃えたくなるようなそんな漫画。

8日前

有頂天家族 二代目の帰朝

有頂天家族 二代目の帰朝

90503561 25e4 408c a440 b18d2f33769d

KAZ

ミステリー、SFが好きです

冒頭の「面白く生きるほかに何もすべきことはない」。この言葉通り京都の街は大騒ぎ。 シリーズ二作目も楽しく読了。 矢三郎と海星のやり取りでホッコリ。 次作も楽しみです!

8日前

0f4bbe83 9ed1 459f a026 b69d47db9fbbDa064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66beIcon user placeholder 15
四畳半神話大系

四畳半神話大系

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a

HSSISOLATED

人生で何度目かの読書熱

薔薇色で有意義なキャンパスライフを送れずいじけるいっぽうの数年を過ごした全ての人に読んでほしい。 この本を読んでいると自分が学部生だった頃を思い出して虚しくなる。しかも、なんだか自分もこういったことをやっていたような気がするから腹立たしい。 そこで、『あぁ、じつに、生き方に工夫が足りなかった。私はなんてまっすぐだったのであろう。』(p.30)などとほわほわ考え、「もし、あの時違う選択をしていたら」、「もし、もう少しだけ運が向いていたら」などと過去を振り返る。 そうは言っても、 『寺山修司はかつて、書を捨てて街へ出やがれと言ったと聞く。しかし街に出て何をしろというのだ、この私に。』(P.220)と思い直すと、結局自分に伝説の至宝「薔薇色のキャンパスライフ」を手に入れる事は出来なかったに決まっていると再びいじけてしまう。 つまり、この物語体験とは、どんな選択をしていたとしても結局代わり映えのしない数年間だっただろうし、自分は自分でしかなかったのだ、という過去・現在・近未来にかけての自己同一性について洞察する極めてE.エリクソン的ライフサイクル体験ができるSF小説なのかもしれない。 その他 『赤ちゃんがおしゃぶりをしゃぶるように箱庭の権力をしゃぶり続け、』(P.47) 『負けてたまるか。 人恋しさに負けてたまるか。』(P.54)

2か月前

920b0282 2ef3 4ce4 94aa f963c9b6650e093f2d8d 0d90 419f a1b1 b58009b928ee3b6e593d 600d 4193 87ee a49f092dd79f