Btn appstore Btn googleplay
9784094067033

怪談×青春×ファンタジー、かつてない物語 「夜はどこにでも通じているの。世界はつねに夜なのよ」 私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だった。十... 続き

コメント

2019/12/11 読了

終着駅は何処だ〜? という感じで読み進めましたが、最終章に来て此処か〜! ということで納得。
久しぶりの森見登美彦。楽しく一気読みでした。さて、この世の外にはどんな世界が広がっているのだろう。

読者

Edd515de d3cd 4ca3 a3f4 c074c72e80f4Icon user placeholder9e214c83 6a82 4ea2 ae16 634119fa578b01b18cd2 7590 4c5a 91df e503f59adf1eIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder1be4bb52 e5d8 48cd a771 693e9ac02cfb 34人

森見登美彦の本

宵山万華鏡

宵山万華鏡

It9trq 4 normal

ma

自分でツイートはあまりせずに、色…

笑えるパートもありつつも、じわりと不気味な森見登美彦ワールドが好き。

5か月前

Edd515de d3cd 4ca3 a3f4 c074c72e80f4Jm7edlu6 normalH4vpnusd normal
ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ

L98iuxza normal

ガリータ

標準より痩せ型です

 本を読むと私の世界とは別の世界へと旅行した感覚になる。創られた世界ではあるけれど、読んでいる瞬間は本当にある世界のように感じてしまう。  この本は不思議な世界ではあるけれど、どこか本当にありそうな世界。突如、街に現れたペンギンたちとその謎を研究する少年と鍵を握るお姉さんの物語。  不思議な謎に挑んでいくストーリーは奇妙なんだけれど、ワクワクしながら読んでいけた。少年目線のどんなことでも不思議と思う好奇心。大人になると不思議なことを不思議と思わなくなるなと少し寂しくなった。  

6か月前

9d5a18d4 e4eb 4019 8d6e f04669dc5c12Icon user placeholderIcon user placeholder 17
太陽の塔(1)

太陽の塔(1)

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Matsuda(Yamamoto)

島根県/双子/社会福祉法人(支援…

アイコンで出てこないのが残念だけど、装丁が素敵。好きな人に振り向いてもらえないもどかしさを感じたことのある人は心が締め付けられ、もどかしさを乗り越えた人は懐かしさとあの頃の自分の頑張りを讃えたくなるようなそんな漫画。

9か月前

有頂天家族 二代目の帰朝

有頂天家族 二代目の帰朝

90503561 25e4 408c a440 b18d2f33769d

KAZ

ミステリー、SFが好きです

冒頭の「面白く生きるほかに何もすべきことはない」。この言葉通り京都の街は大騒ぎ。 シリーズ二作目も楽しく読了。 矢三郎と海星のやり取りでホッコリ。 次作も楽しみです!

9か月前

Icon user placeholder8511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f191636B6b69120 12d6 4f4f 8bd2 b91b9fde169e 20