61iucukdqul

初作品集『変身のニュース』/第二作品集『僕は問題ありません』(各全一巻)、両作品とも「俺マン」トップ10入り&「このマンガがすごい!」にランクイン!! 業... 続き

コメント

言葉では表せない何かが詰まっています。新境地を覗きたい肩は是非

その他のコメント

どの話もせつなくて心がぞうきんしぼるみたいにぎゅうぎゅうになる。特に第3話の「リビングで」は、ふと思い出すことがある。あの台詞のように、うまく言えない気持ちが詰まっている

読者

F92a7203 6d21 4c89 ae48 5c18dc4d61d6E4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d228174e86 c8e7 4733 a2dc a2e2ed635dec7bb3ee40 7b16 49fc 937b 4ea2211f4c5a7d483678 0b8f 4b20 babe ee1717ac0d8f0635f193 e79b 4780 8c30 fd5cf8b247d3C5f2d9de 5fee 4a55 8101 c8e129c9dc0704882bbc 8b8b 4bd7 848f bf16bef613b4 12人

宮崎夏次系の本

少女か小説か

少女か小説か

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c

あやう

SFが好きなグラフィックデザイナ…

前衛的テクノポップバンド、アーバンギャルドで活動されている、松永天馬さんの短編集。 現実と非現実、わたしとあなたが曖昧になるトリップ感ある文章に、MVのようにテンポ良くめまぐるしい展開が、独自の世界観を作り出しています。小説と詩の中間という風に感じました。 そして独自の世界観を確固たるものにしているのが少女のデティール。長年少女を解体し続けているだけあり、独自の少女哲学が全開です。16歳くらいの女の子が心に住んでいるんだと思います。 天馬さんの美意識ある言葉選びが以前から好きだったのですが、今回は特に色や動きを感じる描写に圧倒されました。前述のトリップ感もそうですが、ショートアニメになったらすさまじいものが出来そうです。(ぜひ!)

約3年前

ホーリータウン

ホーリータウン

8842655e aedc 432b 8a27 6d0cc737d99d

青吉

しがない大学生。文学部。

眼科の待合室で読みました。自分の日常は普通に幸せだなって気もするし、普通で良いのか不安にさせられる。

約4年前

C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f8828174e86 c8e7 4733 a2dc a2e2ed635decC8ab4ca0 717e 41de af3d e95859008373 8