51lwqunk11l

殺された一人の老人。手がかりは、今は存在しないはずの黄色いアサガオ。深まる謎、衝撃の結末、一気読み必至の柴田錬三郎賞受賞作。 続き

コメント

話の大元を作る。それを巡る人々の特殊な人間関係を作る。最後に大団円と、流れはいつも通り。でも面白い。

その他のコメント

東野圭吾はやっぱり奥が深い(^_^)

最後まで気になってすぐに読んでしまった
だけど、今までにあったよう心を大きく揺さぶられるような描写が
なんだか少ないような気がした

読者

Icon user placeholder8f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa855734e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f3461f976 7283 4644 a020 6250675cff38Icon user placeholder96f8b193 cf0b 4f1c 8707 19a24eee0e7cIcon user placeholderF94d5b5c da84 4a88 a858 4b76264525e6 38人

東野圭吾の本

片想い

片想い

85c24291 c4b4 4b87 8d57 b9672f2a95f0

saki

よろしくお願いします

初めての東野さんの小説でした。あまりミステリーを読まないので、最初は軽い気持ちで読んでいましたが、だんだんと惹き込まれるあたり、さすがだなと思いました。物語を楽しむだけでなく、性についても考えさせられました。真実がだんだんと結びついていって、最後にひとつの線になる所がミステリーの面白さであり、その面白さにハマりそうです。

6か月前

642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d5 20