51ivxgp%2b28l

現代の知識労働者はSNSやメール返信などに追われ、仕事時間の6割は中身のない「シャロー・ワーク」に奪われている! 気を散らさず本当に大事なことに集中する「... 続き

コメント

「深く集中する」戦略的な方法を丁寧に書いている。

「一人で集中する」方法がメイン。

それ以外にも「チームで成果を出す」や「そもそも集中的な仕事をしなくても成功する人」の事にも触れている。

「自分のやり方のみが一番だ」みたいな近視眼的な視点は少ない。

作者が「質の良い集中状態」で執筆したんだろうと想像できる。

この原稿の完成度が、この本に書かれている理論の効果性を物語っていると思う。

読者

95334630 3abc 43ca 90c3 8007922b1193Icon user placeholder2217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0cDf2bb78b c139 417c a9e7 3ae0491d324eC8d9b2a6 91cf 450d b9af fb4fd3ca8fb877d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4Icon user placeholder 7人

ビジネス

「すぐやる人」と「やれない人」の習慣

「すぐやる人」と「やれない人」の習慣

F22b1178 af24 43ac a8a2 17f76953d971

K@読書&サッカー

読書とサッカーが好きな大学生

【目的】 すぐやる人になるため。 行動を伴う思考力を身につけるため。 【感想】 「今」を大切にする。 →まず行動する(小さなことからでOK) →すべての成功の鍵は「行動」 「今」を集中する。 逆算、積み上げ思考の2way 環境を整える →意志力を使わない 計画↔分析のサイクル 期限を自分で設定する。 人間は感情の生物である →感情を受け入れ吐き出す。 自信を持っているように振る舞う →前向きな言葉を多く使う。 睡眠は次の日の始まりである →朝を大切にする →朝のルーティン(洗顔、音楽散歩、ストレッチ) 優先順位を決めて予定を立てる実行する。 意思×環境×感情(すぐやる方程式) とりあえずなんでもいいから行動してみよう。 そこから得られるものが必ずある。 それを分析することで次につなげることが出来る。 行動する際に意志力を使うのではなく、環境を整えることによって最初の障壁を低くする。 the secret of getting ahead is getting started

1日前

A0b14072 0ab3 456f a115 67312ad42c5f1b468ee9 81f6 4660 99c2 d83b740c5b557fe5b230 089d 499a 8d1c a39e96be2099 26
PEAK PERFORMANCE 最強の成長術

PEAK PERFORMANCE 最強の成長術

2f6f6193 5715 40ce adef 84cb04bc5af6

Sue

本と絵が好き。

友人に薦められて借りた本。 挫折を乗り越えた人々のエピソードからは前を向く力を貰え、また、能力を発揮し成長するための法則の分析からはやり方のヒントを貰える。 個人的に納得できるポイントも多くて、折に触れて読み返したい本だったので、手元に欲しくなって自分でも買ってみました。

4日前

Icon user placeholderIcon user placeholder89c2974f 98c3 462c 8017 96a710f1ca5b