51ivxgp%2b28l

現代の知識労働者はSNSやメール返信などに追われ、仕事時間の6割は中身のない「シャロー・ワーク」に奪われている! 気を散らさず本当に大事なことに集中する「... 続き

コメント

「深く集中する」戦略的な方法を丁寧に書いている。

「一人で集中する」方法がメイン。

それ以外にも「チームで成果を出す」や「そもそも集中的な仕事をしなくても成功する人」の事にも触れている。

「自分のやり方のみが一番だ」みたいな近視眼的な視点は少ない。

作者が「質の良い集中状態」で執筆したんだろうと想像できる。

この原稿の完成度が、この本に書かれている理論の効果性を物語っていると思う。

読者

Icon user placeholderC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b95334630 3abc 43ca 90c3 8007922b1193Icon user placeholder2217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0cDf2bb78b c139 417c a9e7 3ae0491d324eC8d9b2a6 91cf 450d b9af fb4fd3ca8fb877d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4 9人

ビジネス

THE TEAM

THE TEAM

D1d82de1 fa95 4b2b 9b94 bf8c07785f86

juuuun_o

スタートアップ起業→メガベンチャ…

共通の目的がない集団はチームではなくグループ。チームをチームたらしめる必要条件は共通の目的であると定義し始まる本書、かなり良書です。 よくあるチームビルディングが、KPIのみ設定し、何故やっているのか理解できずに、メンバーが作業奴隷になるケース。よく見かけます。本書ではチームが何のために存在し、数字を積み上げた先に何を実現したいのかという意義レベルでの共通理解をチーム内合意が得れない場合ワークしずらい理由を5つ法則を用いて説明しています。 メンバーはすでに決まっている、自分たちでは変えようがないと嘆く前に、ぜひメネジメント層ではないチームメンバー個々が本書を読み、意識を変え、視座が上げる起因となれば。おすすめです。

2日前

06054ac5 2891 47bc bbe3 a80f7775ef3b75387237 dc06 478a a656 714beb47e594979bd244 2fb4 49e2 a60d 5100edc9f157 16
才能の正体

才能の正体

84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

Kazuki Kumeta

教育者です。 哲学、心理、教育

例に漏れず塾と人生のメソッド満載だった。ここまでモロ出しだと大丈夫かなと思ってしまう(笑) 逆に、これまで上質な情報に触れさせてもらってきたんだなぁとありがたく思う。

2日前

A174cd4c 0806 4668 8940 992e2d13b877Icon user placeholder23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593 10
1人で100人分の成果を出す軍師の戦略

1人で100人分の成果を出す軍師の戦略

F4c1fa3c 6885 451c 8caf f2d7c5982bbf

Dai

皆さんおすすめの本を紹介してくだ…

ジャケ書いしました。 が、内容薄い… 有名な戦国武将がピックアップされてますが、書いてある内容は一般的な事ばかりで歴史が好きな人からしたら知ってますよ的な内容。 そこに筆者の細かな考察があるかと言うと、そうでもない。 この本に挙げられてる武将を知らない方が読んだらそれなりに楽しめると思いますが…

2日前