21enjfrjfpl

表参道の交差点にほど近く、38年間変わらぬスタイルで営業を続けた喫茶店「大坊珈琲店」は2013年12月に惜しまれつつ閉店した。 店主の大坊勝次が豆選びから... 続き

コメント

青山にあった大坊珈琲店。ポケミスが並んだ店内や、手回しロースターで焙煎した豆を使い、ネルドリップでゆっくりコーヒーを入れる仕草が好きでした。

本書は大坊さんの静かな情熱があふれでる名著だと思います。

ちなみに恵比寿にここの志をつぐ喫茶店があります。

その他のコメント

この本を読んでから大坊珈琲店に行きたかった。
前半は、大坊勝次さんの珈琲への思い入れが書かれています。将来、珈琲店を営まれようと思われる方に、是非読んでいただきたい一冊です。

読者

5a455112 21e8 45b5 b48b 6f853b4c2745Ba324b96 b5c2 4e42 81fe fe1ad1a8db45C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b3a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e1Cd03bf38 93f6 4cf9 9bd1 52c04421f2b7 5人

大坊勝次の本

コーヒーの人

コーヒーの人

3925dcbe bbbc 4663 a407 b1c0f7ef4113

*tomokato*

本と目が合う、出会いのように。

『A FILM ABOUT COFFEE 』を見たあとすぐ映画館で購入。この本は映画では語られなかった日本のお店の方々の人生観がたくさん語られてる。読み終えた後のコーヒーの味が変わるような一冊。でも変わるのは自分の生き方とも言える。そんな本。

2年前

2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261Icon user placeholder 9