31ppgm5r28l

コメント

大学生の方はぜひ読んでほしい。
大学生でなくても読めます。今後の人生を見直すきっかけになる本です。

その他のコメント

どんな状況であれ今の自分だけを見つめながら読んでほしい。人としてどうあるべきかを提示してくれる本だと僕は思いました。この本に出会えたことで、あらゆる思考が変わった。

本から学んぶ楽しさを知ったのは、この一冊からでした。この本との出会いに感謝しています。読んでほしい、いろんな方に、読んでほしい。

読者

6477021d 857c 4384 a539 f3aeeea7d3b44714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2E0653cbb dde2 4174 9b68 a3e17d6fe9153d6d2d0b f7a7 4d7e 9b0b 45372df7e6fa7d483678 0b8f 4b20 babe ee1717ac0d8f 5人

加藤諦三の本

51n0yvenkgl
9bba20e9 4127 422a 8876 1e23386ff4e8

田原

小説は舞城王太郎、道尾秀介、朝井…

心のネガティブの働き(悩むこと)の根源が怒りだという。怒りの表現として悩むのである。 不幸やコンプレックスと付き合いが長くなればなるほど、それがなくなると辛くなる。心が適応してしまうからだろう。 うつ、依存、みじめ、ネガティブ、後悔に悩まされている人が読むといいかもしれない。 文章が特徴的。

12か月前

41ex7blnu1l
3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43

imau

@kyoto おいしい緑茶が好き

「自信」ってなに? 手厳しい本ですが、自信に悩むひとにオススメです。とてもたくさんマーカーと付箋をつけました

約1年前

41yh0x8urll
17268cb9 58bd 41e1 9a77 1c0d711ed5ca

Mai Hidesima

あだ名はぬままい

評価:★★★☆☆ 私と同じ、 「自分を出すことに抵抗・恐れのある方」へ是非読んでいただきたい。 ①自分を出すということが、絶対にプラスになるということ ②カタチだけの関係はいらないということ この本を読んで、少しずつ自分の感情を出すということにトライしていこうという気持ちになりました。

1年前