41upbpkh3ql

一風変わった大家さんとの“二人暮らし”の日々は、ほっこり度100%! 1階には大家のおばあさん、2階にはトホホな芸人の僕。挨拶は「ごきげんよう」、好きなタ... 続き

コメント

大家さんと矢部さんの掛け合いが、家族でも単なるご近所さんでも恩師とのそれではなくて、心がぽかぽかときゅんきゅんが混じったあたたかさ。後輩芸人さんが出てきたときに、僕の大家さんなのに…と矢部さんが思うシーンに、矢部さんの表現の素直さを感じた。いつまでも、読んでいたい。

ずっと読みたくてやっと手に入れた。
大家さんと矢部さん、必然の出会いだったのでしょうね。矢部さんって体力はなさそうだけど優しそうだし、そして教養があって、そこがお二人の波長が合うところなのかなって思う。
ことさら強調はしていないけど、芸人さんの仕事のシビアな面も垣間見られて興味深い。個性豊かな登場人物も面白い。大家さんを通して昔の生活を知ることもできる。
本の中にそこはかとなく漂う、笑いと物悲しさ。
とてもいい本だと思う。

涙がポロポロ、ポロポロ出て来ちゃった!
素敵です。

狙い通り楽しい一冊でした

矢部さん、人柄良さそうだもんなー
それが如実に現れていましたよ

赤の他人で 普通なら縁を持つこともなかったであろう 世代の違う2人が 縁あって だんだん打ち解けて仲良くなっていく様が とっても素敵
未だ 大家さんは元気であるとのこと
まだまだ長生きして欲しいです

電波少年?に出ていた矢部太郎のイメージしかなかったけど、そのまま変わってなくいい人なんだなと。
なかなか話はもろしろかか、ほっこりさせられる話がほとんどなり話ばかりだった。
気持ちをスッキリする本かな

読者

Icon user placeholder2b54b0db 653a 4f54 b1db 5606ac668649Icon user placeholder54145a86 c678 4d4d 801e 38f8202544b5127c68bc 8d8a 4963 bc64 ff9189b624f4Icon user placeholder9fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b1883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093 91人

コミック

ふしぎの国のバード 5巻

ふしぎの国のバード 5巻

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

バードさん、史実だと作画よりお年を召してから日本に来ているみたいですよね。原作まだ読めてないんですけど。 イトが遂に言ってしまいましたね。イトはバードさんが大事なのになんとなく空回りだなぁ… バードさんの過去話、というより10代のバードさん、ちょっと生意気な顔が好みでした。 キラウエア山行ってみたくなった!!

4日前