41upbpkh3ql

一風変わった大家さんとの“二人暮らし”の日々は、ほっこり度100%! 1階には大家のおばあさん、2階にはトホホな芸人の僕。挨拶は「ごきげんよう」、好きなタ... 続き

コメント

大家さんと矢部さんの掛け合いが、家族でも単なるご近所さんでも恩師とのそれではなくて、心がぽかぽかときゅんきゅんが混じったあたたかさ。後輩芸人さんが出てきたときに、僕の大家さんなのに…と矢部さんが思うシーンに、矢部さんの表現の素直さを感じた。いつまでも、読んでいたい。

ずっと読みたくてやっと手に入れた。
大家さんと矢部さん、必然の出会いだったのでしょうね。矢部さんって体力はなさそうだけど優しそうだし、そして教養があって、そこがお二人の波長が合うところなのかなって思う。
ことさら強調はしていないけど、芸人さんの仕事のシビアな面も垣間見られて興味深い。個性豊かな登場人物も面白い。大家さんを通して昔の生活を知ることもできる。
本の中にそこはかとなく漂う、笑いと物悲しさ。
とてもいい本だと思う。

涙がポロポロ、ポロポロ出て来ちゃった!
素敵です。

どんどん2人の関係が親密になっていくのが、読んでいてクスッと笑える。大家さんのピュアでストレートな物言いにも心惹かれる。

毎日を丁寧に味わって過ごそうと思える作品。

狙い通り楽しい一冊でした

矢部さん、人柄良さそうだもんなー
それが如実に現れていましたよ

赤の他人で 普通なら縁を持つこともなかったであろう 世代の違う2人が 縁あって だんだん打ち解けて仲良くなっていく様が とっても素敵
未だ 大家さんは元気であるとのこと
まだまだ長生きして欲しいです

電波少年?に出ていた矢部太郎のイメージしかなかったけど、そのまま変わってなくいい人なんだなと。
なかなか話はもろしろかか、ほっこりさせられる話がほとんどなり話ばかりだった。
気持ちをスッキリする本かな

読者

F3c84a74 03ec 4313 b883 0c5ac97b28b6B40e8785 898b 43e4 a6d2 09f24bf5b27bEf964df1 e8b3 4280 9c0d 88d5577e43ffBc9becfa faab 49f3 b339 bab9e5c0089a8fcaf0da 77c7 4afd 8ee6 f3672ed4fc15Icon user placeholder1c3430c9 ee42 4990 9771 bda97041f9ac79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7 104人

コミック

坊っちゃんの時代 : 2 秋の舞姫

坊っちゃんの時代 : 2 秋の舞姫

558bda5d 65f3 4e16 9911 eb76a7998793

リジチョー。

NPO法人読書普及協会リジチョー…

鷗外が以後、自身で戀愛の禁止を課した異国の女性がエリスとして描かれている。 よっぽどの心意氣があった舞姫であったのであろう。 鷗外の愛と義だけを信じ、遠方より船できたわけであったが、普請中の日本そのものであった森家が鷗外個人の戀愛を許さなかった。 しかし本来の戀愛は実らなかったものの、エリスが東京、特に文學に与えた影響は大きい。 来世紀に残したい漫画のひとつである。 #リジチョー。

約15時間前

死に至る病 ─まんがで読破─

死に至る病 ─まんがで読破─

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

哲学難しいって言ってる老若男女よこれを読めと言いたい。 50分で読み終わる簡単な書かれ方だけど、一気に読みきった上帰りの電車で泣かされました。 ほんまもんも読みたい。

3日前