41upbpkh3ql

一風変わった大家さんとの“二人暮らし”の日々は、ほっこり度100%! 1階には大家のおばあさん、2階にはトホホな芸人の僕。挨拶は「ごきげんよう」、好きなタ... 続き

コメント

大家さんと矢部さんの掛け合いが、家族でも単なるご近所さんでも恩師とのそれではなくて、心がぽかぽかときゅんきゅんが混じったあたたかさ。後輩芸人さんが出てきたときに、僕の大家さんなのに…と矢部さんが思うシーンに、矢部さんの表現の素直さを感じた。いつまでも、読んでいたい。

その他のコメント

ずっと読みたくてやっと手に入れた。
大家さんと矢部さん、必然の出会いだったのでしょうね。矢部さんって体力はなさそうだけど優しそうだし、そして教養があって、そこがお二人の波長が合うところなのかなって思う。
ことさら強調はしていないけど、芸人さんの仕事のシビアな面も垣間見られて興味深い。個性豊かな登場人物も面白い。大家さんを通して昔の生活を知ることもできる。
本の中にそこはかとなく漂う、笑いと物悲しさ。
とてもいい本だと思う。

涙がポロポロ、ポロポロ出て来ちゃった!
素敵です。

読者

F88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d39fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b1C3d1845f 9b56 4c33 a555 61091d93e415D46c570e fe0b 44bd a78f 46d48244fe5bEf51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e95844f4c0 9cb3 4a9a 99e6 bcc9d9aaae8096c6ea9f fcf8 401d 9dbd 3e68f133b3c2Icon user placeholder 83人

コミック

今日どこさん行くと?1

今日どこさん行くと?1

19827526 a639 4044 9981 d86c526cb750

Masahiro Kishi

書店現場購入主義

上司(かみつかさ)さんの5MTアルトで坂を登ったり降りたりしながら、熊本県の名所をドライブする戸部下(とべした)君。熊本県、それも熊本地震後を舞台にしており、どのキャラも熊本弁で話しているのが素朴。坂を攻めるのではなく、ただただ安全運転で熊本を満喫する作品。またTwitter上では本作の略である『#今日D』を付けて、出かけた場所をupすることも。

約20時間前

四辻屋骨董店主の嫁取り

四辻屋骨董店主の嫁取り

6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b

ふるーつぐみ

好き→お菓子作り、毛糸、絵、ねこ…

どうやらあたしゃ、室たたさんの描く男のヒトがツボなんだなとようやく気がつきました。 表題作はシリーズ化して欲しいー!! セクハラ、セクハラと説明書きにはありますが、そんなに書かれるほどでもないので、安心してくらさい。店主の求愛はそれは可愛らしく、時に真摯なものかと。

4日前

ルイ・ブライユ

ルイ・ブライユ

43bf153f ad9a 4168 91c9 3a0800dcbf1a

mebu

波のある読書力

小学校図書室より拝借。 6点点字を開発したルイブライユ。 盲人に光りをもたらした というニュアンスの文章が印象的。 (印象的だったのに正確には覚えていない。) 学びたいという気持ちは、人生を豊かにしてくれる。今、当たり前に学べる環境にあることを感謝しなくてはいけない。 知ることの面白さを子どもたちに伝えていきたい。 決められた内容だけだなく、子どもたちの興味のあることを、もしくは、子どもたちが興味をもてるように伝えることを、大切にしたい。 ルイブライユから離れたが、ハンディキャップがあっても、努力と熱意次第でどうにでもなるということを彼から学んだ。

5日前

究極超人あ~る10通常版

究極超人あ~る10通常版

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

31年ぶり、まさかの続巻。おっさん読者は超歓喜ですわ。1980年代の怠惰な高校生活をダラダラと描く。これ、文化部モノのはしりだったよね。ただただ懐かしい。 これだけの歳月を経て、商業作家として未だに最前線バリバリのゆうきまさみも凄い。

6日前

Fd0c506d 35fa 4b56 adb7 32f324602126Icon user placeholder