51m8ebe0tvl

コメント

物語の最初で、主人公の少年が通う小学校に外国から先生がやってきます。先生は主人公の家のお寿司屋さんに行くことになり、主人公のお父さんとカウンターで喋りつつお寿司を堪能したあと、お店ののれんに書いてある江戸前すしの文字を発見し「大阪のすしが食べたい」と言い出します。主人公たちはまず大阪ずしとは何なのかを調べ、大阪ずしは押し寿司であるいうことを知り、まわりの大人達の力を借りて先生に大阪ずし、押し寿司を食べてもらえるよう奮闘するという児童小説。社会科プラス家庭科的な小説です。主人公のお父さんが寿司職人なのに主人公に押し寿司のことをなかなか教えない理由が物語の隠し味になっています。絵も好きな本です。

読者

Icon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f 3人

文学

少女たちは夜歩く

少女たちは夜歩く

328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31a

さゆりん

活字大好き

怖いのだけど どこか引き込まれずにいられない夜のお城と森イコール死者の住人たち 一人ずつライトアップされるかのように生き様が炙り出されていく不思議な魅力を持った小説

約6時間前

何様

何様

19044d62 6fd6 4172 b936 f96acc1a498a

九重篠

腐っている成人済みオタク

割と性的な描写が多かった。 高校生や大学生はそういうお年頃だから、仕方ないかもしれないけど…。 前作の内容や登場人物は間が空いたから忘れてしまったけど、微妙な人間関係の書き方は良かった。 特に、女の子同士の空気の感じはわかりやすかった。 就活に直接関係する話は多くなかった気がする。

約10時間前

10e575ef 4f54 4adf 898a 5e538ac990adD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd297f851b91 0494 4cce 91ce 3b83cfcbb91f 39