41ac26ascel

1997年、人類は星々に対する情熱を失い、宇宙開発計画は長い中断の時期に入っていた。星にとり憑かれた57歳のもと宇宙飛行士マックス・アンドルーズは、そんな... 続き

コメント

読者

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d879887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a71dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483aIcon user placeholderA13a4821 c3bd 4274 bee6 5b6761fe1abb40deeedb c1a3 44e2 8f16 b81c4d19201fE4172ca6 5a42 4d34 8133 08c39dbafbad434683d1 b792 4cbd 9a7f a1cd3f821ac2 8人

フレドリック・ブラウンの本

さあ、気ちがいになりなさい

さあ、気ちがいになりなさい

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c

あやう

SFが好きなグラフィックデザイナ…

タイトルがかっこいい。 星新一の文章は翻訳でも読みやすかった。 そして、フレドリック・ブラウンのストーリーも星新一SSっぽかった。組み合わせの妙ですね。 ★みどりの星へ なんとなく星新一の「処刑」を思い出しました。けど後味は悪い。美しい星に生まれてしまった不幸というのもあるんですね・・・。 ドロシーはセンジュナマコみたいな感じのものを想像しました。かわいい。 ★ぶっそうなやつら 日本のショートショートっぽい。 ★おそるべき坊や スケールが大きいのにオチがくだらなくてよいですね。 唐突にチベットに話が飛ぶので笑ってしまった。 ★電獣ヴァヴェリ 「ミカンにしてくれ」とか「どこにでもいる変人をのぞいて」とか、さりげなくユーモアを突っ込んでくるのが星新一との大きな違いですね。なんとなくヴォネガットを感じます。 1957年、電気を食う電気形生命体に侵略され、地球ではそれ以降電気が使えなくなり・・・というお話。 侵略者との意思疎通もできないので電気は諦めてガスなどで暮らして行くのですが、電気がなくなった後のほうが、人々が不便なりに生き生きとしてて、これが1945年に書かれたというのはすごい先見性で驚き! ★ノック ノックで始まり、ノックで終わる、美しいSS。 人類滅亡(最後の人類は2人)+異星人の支配という絶望的な設定で、異星人を追い払うのに成功するの、すごくないですか。知らない星を侵略するならちゃんと下調べしたほうがいいですね。 ★ユーディの原理 怖い。 ★シリウス・ゼロ うーん、よくわからない。シリアスがゼロだからジョニーは真面目じゃなくなったってこと? ★町を求む 選挙の二日後というナイスなタイミングで読んだのでゾワっとした。 ★帽子の手品 SAN値が減る。 ★不死鳥への手紙 スケールの大きい話大好き!未来人からの予言を読んでるみたいで、タイムパトロールに消されるんじゃないかとドキドキしながら読みました。 ★沈黙と叫び 聞こえてるってことでいいですよね?もう心は死んでそう・・・。 ★さあ、気ちがいになりなさい 途中からラブクラフト読んでるのかと思いました。 スケールの大きすぎる話。「明るく輝けるもの」と出会って宇宙に行って気ちがいになっちゃう。 気ちがいになるのが必ずしもバッドエンドじゃないところがミソ。 「沈黙と叫び」に続いて、哲学チックな話だと思いました。 本人が狂っていても、はたから見て狂ってると思えない(第三者から見て狂ってると証明できない)場合、その人は本当に狂ってると言えるのか? ランドルフ博士が何を言ってたのか気になります。

約1年前

Aaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd51667b5a 3429 4a5d 813e ba6eed68b938A1b28c19 931a 495b 9c9b 2c3a4527d992