Btn appstore Btn googleplay
4154ezv5y6l

コメント

旅ならではのその土地の自然や風景、食べ物、そして料理の描写がとても巧い。いつも思うけど、瀬尾さんの食べ物の書き方は本当に美味しそうです。

その他のコメント

不思議と何度も読み返したくなる、
お気に入りの1冊です。
特別な出来事は起こらないけれど、
大切な事を教えてもらいました。
誰かにプレゼントしたくなる本です。

あなたも気付いているでしょう?
どんなに居心地が良かろうと、そこはあなたの居場所じゃない。
そろそろ、帰りませんか?

読者

220b7e4e 70e7 4af3 9ddd 4ecc0b33c328A4bdce03 e148 4850 95f0 43343530606aIcon user placeholder6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c900a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10A1afb250 48b2 4331 ba03 1e6d780cc692Icon user placeholder48b86f85 c709 4f4e bb51 d9ca240dc8ce 37人

瀬尾まいこの本

傑作はまだ

傑作はまだ

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

引きこもりの作家・加賀野の元に生まれてから一度も会ったことのない息子が訪ねてきた 毎月 養育費を送ると写真が1枚送られてくるというそれだけの関係でしかない息子としばらくの間 同居することとなった 両親とも大学卒業後 全然会わず 一軒家に1人で暮らし近所付き合いもなく ほとんど家から出ない50歳男性の主人公 人との関わりを最低限しか持たなければ 嫌な思いをすることもストレスを感じることもないのかもしれないが いざ人と関わってしまうと 寂しさを感じるようになってしまう だったら全く関わらないかずっと関わっていくかのどちらかしか選択肢はない

27日前

4fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276f9922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f400a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10 17