4154ezv5y6l

コメント

旅ならではのその土地の自然や風景、食べ物、そして料理の描写がとても巧い。いつも思うけど、瀬尾さんの食べ物の書き方は本当に美味しそうです。

その他のコメント

不思議と何度も読み返したくなる、
お気に入りの1冊です。
特別な出来事は起こらないけれど、
大切な事を教えてもらいました。
誰かにプレゼントしたくなる本です。

あなたも気付いているでしょう?
どんなに居心地が良かろうと、そこはあなたの居場所じゃない。
そろそろ、帰りませんか?

読者

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c95b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358fA1afb250 48b2 4331 ba03 1e6d780cc692Icon user placeholder48b86f85 c709 4f4e bb51 d9ca240dc8ce0af20764 2cae 4a3b b386 30cc150cb6c5Icon user placeholder0cc66c8c edb4 4949 bc0e 7b0cb5a4e408 34人

瀬尾まいこの本

傑作はまだ

傑作はまだ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

毎日は、小説のように起承転結ではない。 だけど、素敵なお話だ。 愉快でいい人達のお話。日常だって善意は溢れてる。

4日前

E9060055 3283 4b39 addc aadb5890c11e5a18ee37 88c4 4116 b20f 1a2e9ceed0f722f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783 9
春、戻る

春、戻る

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

結婚を間近に控えたある日、突然兄と名乗る青年が主人公さくらの前に現れる。兄がいるとは初耳だし、何より自分より一回りは下に見える青年はいったい誰なのか…? マイペースで少々押し付けがましく騒々しいその兄と名乗る青年を訝しみつつ読み進めていくのだが、物語は淡々とした日常の中に大らかに展開していきます。 深く傷ついた時には見えなかったものが今なら見えるということがある。 優しくてホッとするお話です。

4か月前

Cf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f52b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b 17
強運の持ち主

強運の持ち主

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

占い師のヒロインを巡る人間模様を描く連作短編集。こういう自分勝手で、適当な占い師には当たりたくないなあ。残念ながら世界に入れず。1ミリも共感できなかった。

5か月前

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656Icon user placeholder08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec 40