41jrt2bibtl

そこへ行けば、救われるのか。富士の樹海に現れた男の導き、死んだ彼女と暮らす若者の迷い、命懸けで結ばれた相手への遺言、前世を信じる女の黒い夢、一家心中で生き... 続き

コメント

心中をテーマにした短編集。
死と生が、隣り合わせとはよく言うけれど、コレは引き寄せあってる感じだ。
「もう。なにもかも面倒臭くなった」そんな事はあるけれど。汚い自分を置いて天国に行けるなら、せまいベッドの列車に乗るよ。けれど、私は独り旅だ。

型が決まりそうなテーマだけれど、いろんな描き方があり飽きる事がなかった。
未来を感じるから「SINK」がいいかな。
サスペンスタッチの「炎」は、素晴らしい。

せまいベッドの列車で天国旅行に行くんだよ。汚れた心とこの世にさよなら──という書き出しで始まる「心中」をテーマにした短編集。ほのぼのした物語からゾッとする話まで。
1番好きな作品はドラマ化もされた「炎」。背筋が凍りついた。

読者

81b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba5733c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf7372dc12b7e e93a 4eba 99ad 396fc536499cIcon user placeholder93b44b67 76ff 4c81 94da 447e34bfa9c8Bf67ba68 dfa3 430d 87c1 79ba16d7559eIcon user placeholder4c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d6353 29人

三浦しをんの本

ののはな通信

ののはな通信

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

物語は山手の女子高に通う二人による昭和59年より平成23年までの手紙のやり取りのみにて進行する。10代の過剰なまでの情熱と40代に入ってからの諦念というべき静かな感情の穏やかさに過ぎた歳月を思う。 「高校生のころ、あなたが学校を休んで連絡がとれなかったとき、私は半狂乱で手紙を送りまくり、家へ電話をかけまくったでしょ?あのときは夢のなかでもあなたの姿を探して涙を流していた。  けれど、いまとなってはもう、風のように吹く時の速さに押し流されるまま、淡々と日常を営み、ある種の諦観とともに、あなたからの連絡をひたすら待っているだけ、私の精神は鈍磨したのだ。中途半端に」P.386 「どこかで自分に愛想を尽かし諦めて折り合っていかなければ中年になるまで生きのびることなんてできないわよね」P.414 日劇もとっくに無くなってしまった。

約1か月前

A4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186fIcon user placeholder71dbc460 3961 49ff 9cd5 df04b18836e1 50
あの家に暮らす四人の女

あの家に暮らす四人の女

D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3

jun

osakaJAPAN

ゆるやかな女4人の日常を描いていて、何だかこの暮らしに憧れを感じてしまいました。楽しそう。 親族でなくても家族。 同じ空間にいて「いってきます」「おかえり」が当たり前にある家。それって最高! ファンタジー性もあって面白かったです。 私たちはすでにこの世にはいない多くのものに見守られながら生きている。 最後にそう教えてもらいました。どうもありがとう。

4か月前

3bb135fa 3fa6 4bca 860f 1151c8225bdaIcon user placeholderEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053 39