51kdr y4mzl

現実に絶望し、道閉ざされたとき、人はどこを目指すのだろうか。すべてを捨てて行き着く果てに、救いはあるのだろうか。富士の樹海で出会った男の導き、命懸けで結ば... 続き

コメント

心中に纏わる短篇集。死を選ぶに起因する物語、動機は違うが。復讐、愛情、経済問題、事故…物語の内容自体はどの話も濃く、どうしようもない気持ちになったりした。死を選んだ登場人物は、死の先を美化しているように思った。
それと共に私は強く"生"を意識しました。生きなければ何も得られないのだ、と思わせられる小説でした。

その他のコメント

「焼いたらきっと、あの日私が目にしたままの姿で恋の矢が出てくるだろうから、お骨の間を探してごらん。砕いてきれいな首飾りにしても、夜空へ放って星を増やしても、失われたきみの歯のかわりに歯茎に埋め込んでも、好きに使ってかまわない」

読者

50fa3f9e 695d 42e8 8d6d ba924f96c0ea66514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832d9eea5c60 6f85 4347 b3b8 41dfdc05321453f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d358322d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d33116c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c913e8a36a b366 4e90 a742 98a5d45101baDb4f0686 85a0 4662 bbf3 b59284385f40 24人

三浦しをんの本

愛なき世界

愛なき世界

14a52199 da97 40cb a533 3dfde535898e

とおこ

萩尾望都、ナルニア、羽海野チカ、…

しをんさんの本にしては珍しくなかなか進まなかった。読売新聞朝刊連載だったから、いつもより細切れで流れに乗れない感じだったのかな?話は面白かった。本村さんがアホかアッホーで悩むところから一気に読めた。「愛ある世界」だった。

9日前

8b936247 b317 46e5 8d43 0342a53ac96eE2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67Icon user placeholder 18
星間商事株式会社社史編纂室

星間商事株式会社社史編纂室

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

盛りだくさんなのに、ちゃんとまとまってるのがすごい。 ♯コミケ♯腐女子♯社の謎♯ボーイズラブ(おっさんずラブ?)♯企業ドラマ♯編纂室♯恋愛♯結婚♯友情 人生、沢山の事がいっぺんに起こる事ってあるよねぇ。

14日前