51aa8ahbbkl

徳川四代将軍家綱の治世、ある「プロジェクト」が立ちあがる。即ち、日本独自の暦を作り上げること。当時使われていた暦・宣明暦は正確さを失い、ずれが生じ始めてい... 続き

コメント

今の時代でも、合理的な判断ができないこともある。江戸時代なら尚更。そんな状況下で難しい問題に挑戦する物語。面白かった。

碁打ちでありながら、算術や測地、暦術の心得もある渋川春海は、北極出地(各地で北極星を観測して緯度を計測すること)を命ぜられる。碁打ちに飽き、算術でも自信を失った春海は、北極出地の旅の中で新たな道を見出す・・・というのが上巻。
正直、序盤はやや退屈。でも、北極出地が始まってから、一気に面白くなる。
観測隊のリーダー格の伊藤と建部という老人が非常に魅力的。年老いてなお、夢を抱きながら新しいことを学ぼうとする姿勢に頭が下がる。
「人には持って生まれた寿命がある。だが、だからといって何かを始めるのに遅いということはない」

まだ、本題である改暦の話にはなっていないが、このあとどうなるのか。下巻が楽しみ。

江戸時代に数学の道場があって、それで生活ができてたんですね〜。なんとも文化レベルの高いことです。解説にあるようにすーっと読めるのは、ほとんど悪い、嫌な奴が出てこないからでしょうね。作者の若さゆえというよりも、天に触れようとする話には似合わなかったということかも。映画にもなったそうですが、なかなかドラマが作り辛かったのではないかと想像。

仕事をする/引き受けることの美しさ

自分にそれが出来るだろうか。そう思うことほど怖いことはない。…だがそうなればきっと、本当の喜びを知らずに死んでゆく。一生が終わる前に、今生きているこの心が死に絶える。

歴史系小説が好きになった作品です。

面白い。感動、感銘を受ける時が私は生きてるなかで結構好きなのでおもしろかった。

SF作家のイメージの冲方丁の史実をもとにしたフィクション作品。これ、面白いなー。暦作りと算術への取組みと人との触れ合いを、見事に書いてる! 下巻も楽しみ!!!

2012年に本屋大賞1位となった冲方丁さんの『天地明察』上下を読んだ。物語の展開はある程度分かっていても、キャラクターの魅力で引き込まれてしまう。江戸時代の暦づくりの話だが読みやすい。映画にもなってるので、知ってる人も多いと思いますが、爽やかな読了感の本を探している人にオススメ。

読者

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b51068deb3 0d5a 4a63 abbf 84945a35a855C1169997 c71e 4fe5 9f5c 736f3acc810bIcon user placeholder1e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320fIcon user placeholder4b866375 cfdc 45cc 9ffa 4dbd8ba92319883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093 32人

冲方丁の本

麒麟児

麒麟児

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

勝海舟と西郷隆盛=麒麟児、というとこだろうか。 勝海舟が語り手である。クドクドと歴史を説明しているところが無くて、読みやすかった。 勝海舟が心の声を解読しているので、臨場感溢れる江戸城無血開城の談合場面になっていると思う。 ある時代の歴史を動かしていたツートップの絆の強さを感じる。西郷隆盛があまり出てこないのも、またいい感じです。

約1か月前

Icon user placeholder0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeF4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c
攻殻機動隊小説アンソロジー

攻殻機動隊小説アンソロジー

19044d62 6fd6 4172 b936 f96acc1a498a

九重篠

腐っている成人済みオタク

プロの作家さんたちによる、攻殻の公式アンソロ。 それぞれ作家さんたちごとにフォントが違うのが凝っていて面白いけど、少し目が慣れるのに時間がかかった。 朝霧カフカ版は、まだ草薙と会っていない、笑い男事件後のアオイと元軍人でまだ日本にいたクゼヒデオが会っていたりなど、嬉しい共演だった。 神山版だけではなく、「人形遣い」を知っている原作ないし押井版の草薙素子も出てきて、面白かった。 バトーとトグサ(特にバトー)の出番も多かった。

3か月前

Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c
十二人の死にたい子どもたち

十二人の死にたい子どもたち

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

自らの手で安らかな死を迎えたいと望む未成年の子ども十二人が、廃業した無人の病院に集まる。 ところがそこに予想外の事態が起こり、固い決心の元に集まったはずの彼らは次第に死よりも「謎」に囚われ、決行は先送りに。 十二人の中にいる異分子。 設定だけ見ると「11人いる!」を彷彿とさせるのだけれど、異分子はどうやら一人ではなく、それぞれ一癖二癖ある子どもたちはいずれもキーマンであり、謎のカギを握っている。 映画化されると聞いて、それぞれ演じる俳優さんの顔を見ながら読むとより楽しかった。 私はマイさんがお気に入りです。

4か月前

A7bc81dc 68c0 4826 84ca 88d8c99b99bbF464b46b 79ae 4ad3 a94e ceb4139bb841Icon user placeholder 92