51aa8ahbbkl

徳川四代将軍家綱の治世、ある「プロジェクト」が立ちあがる。即ち、日本独自の暦を作り上げること。当時使われていた暦・宣明暦は正確さを失い、ずれが生じ始めてい... 続き

コメント

今の時代でも、合理的な判断ができないこともある。江戸時代なら尚更。そんな状況下で難しい問題に挑戦する物語。面白かった。

碁打ちでありながら、算術や測地、暦術の心得もある渋川春海は、北極出地(各地で北極星を観測して緯度を計測すること)を命ぜられる。碁打ちに飽き、算術でも自信を失った春海は、北極出地の旅の中で新たな道を見出す・・・というのが上巻。
正直、序盤はやや退屈。でも、北極出地が始まってから、一気に面白くなる。
観測隊のリーダー格の伊藤と建部という老人が非常に魅力的。年老いてなお、夢を抱きながら新しいことを学ぼうとする姿勢に頭が下がる。
「人には持って生まれた寿命がある。だが、だからといって何かを始めるのに遅いということはない」

まだ、本題である改暦の話にはなっていないが、このあとどうなるのか。下巻が楽しみ。

江戸時代に数学の道場があって、それで生活ができてたんですね〜。なんとも文化レベルの高いことです。解説にあるようにすーっと読めるのは、ほとんど悪い、嫌な奴が出てこないからでしょうね。作者の若さゆえというよりも、天に触れようとする話には似合わなかったということかも。映画にもなったそうですが、なかなかドラマが作り辛かったのではないかと想像。

仕事をする/引き受けることの美しさ

自分にそれが出来るだろうか。そう思うことほど怖いことはない。…だがそうなればきっと、本当の喜びを知らずに死んでゆく。一生が終わる前に、今生きているこの心が死に絶える。

歴史系小説が好きになった作品です。

面白い。感動、感銘を受ける時が私は生きてるなかで結構好きなのでおもしろかった。

SF作家のイメージの冲方丁の史実をもとにしたフィクション作品。これ、面白いなー。暦作りと算術への取組みと人との触れ合いを、見事に書いてる! 下巻も楽しみ!!!

2012年に本屋大賞1位となった冲方丁さんの『天地明察』上下を読んだ。物語の展開はある程度分かっていても、キャラクターの魅力で引き込まれてしまう。江戸時代の暦づくりの話だが読みやすい。映画にもなってるので、知ってる人も多いと思いますが、爽やかな読了感の本を探している人にオススメ。

読者

C1169997 c71e 4fe5 9f5c 736f3acc810bIcon user placeholder1e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320fIcon user placeholder4b866375 cfdc 45cc 9ffa 4dbd8ba92319883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 30人

冲方丁の本

十二人の死にたい子どもたち

十二人の死にたい子どもたち

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

自らの手で安らかな死を迎えたいと望む未成年の子ども十二人が、廃業した無人の病院に集まる。 ところがそこに予想外の事態が起こり、固い決心の元に集まったはずの彼らは次第に死よりも「謎」に囚われ、決行は先送りに。 十二人の中にいる異分子。 設定だけ見ると「11人いる!」を彷彿とさせるのだけれど、異分子はどうやら一人ではなく、それぞれ一癖二癖ある子どもたちはいずれもキーマンであり、謎のカギを握っている。 映画化されると聞いて、それぞれ演じる俳優さんの顔を見ながら読むとより楽しかった。 私はマイさんがお気に入りです。

10日前

Df016139 7043 4074 9caf d5b04be600077f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fIcon user placeholder 67
十二人の死にたい子どもたち

十二人の死にたい子どもたち

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

おもしろくて一気読みしてしまいました! 安楽死をするために集まった少年少女12人。 そこになぜか13人目の死体が、、、 なぜ12人は死を選ぶのか、13人目は誰なのかとミステリ好きにはたまらない内容でした!

25日前

E4487a42 3382 4fef b9f4 5eeb5eb2d9c2Icon user placeholderF47b8a78 a994 42d4 a43e bdc39481c710 13
戦の国

戦の国

Dc47a3f7 801d 48b2 b661 c6654d54393b

Joe

Joe

2020年の大河ドラマ明智光秀に決定に触発されて、光秀関連の小説を読みあさっている中の一冊。 光秀を含む、戦国武将6人の短編集。 それぞれ、適度に濃く、適度に軽い。 記憶に残ったのは、上杉謙信の短編。 信仰の持つ力の大きさが印象的だった。 天下を取るという大望を目指すことができるのは、それに伴う屍の山、血の川を、自身が生み出すことに耐えうる者だけ。もはや狂気。 それは自身の大望に対する信仰であるとともに、犠牲にする者達から自身への信仰を形成することが重要。 現実社会でも、人が実際に死なないという違いはあっても(間接的に死ぬこともあるだろうが)、同じなんだろう。月並みだけど。 大望のためなら、なんでもやれる。そういう人が、エネルギーに満ちて生きられる。 まず大望があるかないかが、大きな違いなんだろう。 そんなことを思った。

26日前

214e5862 3263 4a86 b0a9 70053bd33b5b1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad484d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690