61%2bzayz1j%2bl

【文学/日本文学評論随筆その他】今日も妬み嫉み恨みつらみが止まらない! 南海キャンディーズ・山里亮太は負の感情をどうやってガソリンに変えてきたのか? 自分... 続き

コメント

山ちゃんの、「負」を努力のエネルギーに変換できる能力には敬服する。
努力は人を裏切らない。ホントにその通り。でもその努力を持続するのはすごく難しい。それができる山ちゃんはやっぱり天才だ!
ねじり鉢巻に半纏を着て、机にかじりついて必死にペンを走らせてる。壁には半紙に毛筆の汚い字で「必勝!」とかいた張り紙が貼ってある、という漫画みたいな受験生の姿が浮かんできた。そして若林正恭氏の「解説」を読んで、それは当たらずとも遠からず、だったことに笑ってしまった。
山ちゃんとは関係なく、新人のお笑い芸人さんが大学生ノリみたいな芸でテレビに出てるのを見て、なんでこんなんでテレビに出られるの?って思うことも時々あるけど、ここまで来るのも大変なことなんだ、と本を読んで改めて知った。
若林正恭氏の「解説」も読み応えがあります。

その他のコメント

天才だと思っていた山里さんがこんなにも努力して苦しい思いをしてきた事を知り、驚いた。
イメージ通りに性格は悪くて何様だと思う所も多々あったが、どれも山里さんのストイックさとお笑いに対しての熱い思いから来てることもわかった。
山里さんの1つのことにかける努力の姿勢や感謝の気持ちは参考にして、今後の人生で他人に対して同じような接し方をしていたらこの本を思い出し改めていこうと思う

今までの妬み嫉みを努力に変えてるからこそ今の山ちゃんがいると思った。執念を感じた。オードリー若林が言うように、やっぱり山ちゃんは天才。努力する天才。

読者

4b8d60b3 e1d9 4069 9dbe 101fd0967061C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb460b7cc36d 0c40 4f9a b052 cdb36775bafd9eff2376 715a 48e6 adbf 153adfada9e0E6cc0404 6868 4c66 bd72 e2b13cbbbaf24d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e431Icon user placeholder837b2d32 bfd3 40bb a05d 20df8e53561c 99人