41qzd djicl

コメント

読者

6e955198 95b0 486e b10a ed7d7ee6978645122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6cB0f2fbed 969d 4d77 8b09 04fbbcd2563c007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d2644fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276fF0481dd6 d29c 49a2 a268 34f84980698880e02f84 921f 4faa be0d 64c6a3f8a45300a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920 15人

文芸

リヴァトン館 下巻

リヴァトン館 下巻

D1902304 f694 4305 863b 13dd9d053447

Sarah 17

洋書が好きです

何年も前に謎に終わった有名詩人の自殺。 それをを題材に映画が作成される事となり、当時関わりのあったとする元メイドのグレイスが記憶を蘇らせます。繊細な情景描写から場面の移り変わりまで読み手を引き込み、ひたすら美しい作品だと思いました。

約4時間前

女王ロアーナ,神秘の炎(下)

女王ロアーナ,神秘の炎(下)

0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e

fuku

設計事務所勤務ゴミリーマン/元ク…

主人公ヤンボの記憶を辿りなおす旅は、田舎の家の奥に塗り込められた隠し部屋を見つけたことでさらなる展開を見せる。脅迫的なほどこだわっていた霧の謎、失われた初恋、パルチザンとしての経験。 当時の大衆文化、例えば雑誌や映画、絵本にお菓子のパッケージ、そして子供の心を刺激する薄衣をまとった女たち、そうした記憶を喚起するものたちの図版が、様々なエピソード同様誌面に散りばめられて読解を助けもするし、さらなる謎にも誘い込む。 記憶を取り戻す旅はいつからか記憶を丹念に辿り直す旅に変わっていく。ただ、辿り直すことをどこまで精緻に行っても、それが本当に失われた自分を取り戻してくれるのかは明確でない。 というか、そもそも独白しているのは誰なのか。それ以前に、独白は真実の記憶なのか? 真実ならば誰にとって? 生死すらわからない不分明な独白の中小説は終わる。 比較的明確に謎解きや仕掛けが提示されていたこれまでの小説に比べ、本作は霧の中にいるような曖昧さの中に置かれたままだが、不定形な謎解きの楽しみがあるのかもしれない。

約18時間前