Btn appstore Btn googleplay
61qsjkbgmpl

デビューから14年、全エッセイを網羅した決定版! 登美彦氏はかくもぐるぐるし続けてきた! 影響を受けた本・映画から、京都や奈良のお気に入りスポット、まさか... 続き

コメント

森見氏の、デビューから現在に至るまで、
新聞や雑誌、舞台パンフなどなどあらゆる媒体で書かれた文章をほぼ網羅したエッセイ集。

ひねくれつつも、どこか愛のある、
人間味を感じる森見氏の文体が好きだ。

もっと言うと、
大学生の頃のノリを延長したかのような空気感が大好きだ。

その時の思い出がなければ、
数々の名作はこの世に生まれ出なかったのであろう。

氏と同じライフル射撃部だったという明石氏やダークスコルピオン氏にぜひお会いしてみたい。

願わくば、
一番森見汁の濃い『太陽の塔』の早期映像化を!

もちろん同じ大学ノリを感じるヨーロッパ企画上田氏脚本で!

読者

Icon user placeholder6eb04914 40af 4519 b50f e23cb3e9a399Icon user placeholder9886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c910adfcc 0ae3 4037 972f 70b167ed1a1798806801 c90d 4ee6 b424 dd9ac598670c2cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c48F456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b0 30人

森見登美彦の本

宵山万華鏡

宵山万華鏡

It9trq 4 normal

ma

自分でツイートはあまりせずに、色…

笑えるパートもありつつも、じわりと不気味な森見登美彦ワールドが好き。

4か月前

Edd515de d3cd 4ca3 a3f4 c074c72e80f4Jm7edlu6 normalH4vpnusd normal
ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ

L98iuxza normal

ガリータ

標準より痩せ型です

 本を読むと私の世界とは別の世界へと旅行した感覚になる。創られた世界ではあるけれど、読んでいる瞬間は本当にある世界のように感じてしまう。  この本は不思議な世界ではあるけれど、どこか本当にありそうな世界。突如、街に現れたペンギンたちとその謎を研究する少年と鍵を握るお姉さんの物語。  不思議な謎に挑んでいくストーリーは奇妙なんだけれど、ワクワクしながら読んでいけた。少年目線のどんなことでも不思議と思う好奇心。大人になると不思議なことを不思議と思わなくなるなと少し寂しくなった。  

5か月前

9d5a18d4 e4eb 4019 8d6e f04669dc5c12Icon user placeholderIcon user placeholder 17
夜行

夜行

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/12/11 読了 終着駅は何処だ〜? という感じで読み進めましたが、最終章に来て此処か〜! ということで納得。 久しぶりの森見登美彦。楽しく一気読みでした。さて、この世の外にはどんな世界が広がっているのだろう。

7か月前

Edd515de d3cd 4ca3 a3f4 c074c72e80f4Icon user placeholder9e214c83 6a82 4ea2 ae16 634119fa578b 34
太陽の塔(1)

太陽の塔(1)

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Matsuda(Yamamoto)

島根県/双子/社会福祉法人(支援…

アイコンで出てこないのが残念だけど、装丁が素敵。好きな人に振り向いてもらえないもどかしさを感じたことのある人は心が締め付けられ、もどかしさを乗り越えた人は懐かしさとあの頃の自分の頑張りを讃えたくなるようなそんな漫画。

8か月前