Btn appstore Btn googleplay
51v3nsrezfl

私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この私を振... 続き

コメント

初めて読んだ森見作品。強烈におもしろかった。これ以降、ほとんど読んでる。

自意識過剰なストーカー男…
最低な男の勘違いストーリーかと思って読み始めたら、少しずつ彼のイメージが変わりました。

情景が豊かな言葉で表現され、太陽の塔が美しくうつります。

切なくて面白い。不思議な世界感を楽しめる本です。
ハマりました。

森見登美彦デビュー作品。
何故、もっと早く読まなかったのか、、、
会話と言い回しがどタイプ。

学生時代にこの小説を読めて良かった。

ヘタレ大学生の話書かせたら天下一品やな森見さんは(笑)

『四畳半~』とか『夜は短し~』は京都京都してたけど、これは関西って感じがしたなぁ。

僕が最初に自分で買って読んだ本。独特の世界があり、とても面白く、魅力ある本です。
僕は、太陽の塔に行きたくなりました。

すべての失恋男たちに捧ぐ、という帯だったのですね。

本当に、森見さんの書く阿保男たちはどうしてこうも魅力的なのでしょうか。四畳半の「私」や恋文の森田一郎に並ぶどうしようもない男性でしたが、愛さずにはいられませんでした。

私も夢電車と巡り会いたいです。

森見さんの本をたくさん読んできて、年の終わりに原点回帰!と思ってついにデビュー作を読んでみた。
…………キレッキレじゃないですか!!
って感じ。一言言うならそんな感じ。
森見さんの世界がつまってて、文一つ一つがむせそうになる濃縮感…そんな表現の仕方ある!?1行1行好きが溢れる!って感じの言い回しの数々。

主人公の元彼女、水尾さんへの表現が、、どうしてこんなにヘンテコなのに愛が滲み出てるんだろう……好き…ってなる。

お気に入りの本過ぎて言葉がまとまらないけど、とりあえず愛用の自転車に「まなみ号」って名前をつけるとこ、シビれるなぁ、そのセンス。

私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった!クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走する。失恋を経験したすべての男たちとこれから失恋する予定の人に捧ぐ、日本ファンタジーノベル大賞受賞作。

水尾さんの「私、部屋によけいなものが増えるのは嫌です」と飾磨の「これは俺のゴンドラ」に腹を抱える。

森見さんの文章は苦手だと思いながら読んでいたのですが、ラストスパートが良く、読み終わるときには良い作品だったと思いました。
ええじゃないか祭りのところは高揚感と情景が目に浮かびます。
この切なさにたどり着くためにくどい言い方で綴られてきたと思うと泣けます。
本当の失恋はこういうことなのではないかと思いました。

馬鹿だなぁって笑える感じと、あ、自分も馬鹿かもなぁってなる感じ。

森見作品のなかでもずば抜けて大好きな作品。さえなくて、笑えて、苦くて、ぐっとくる。

ストーカーかな?と思ったけれど気持ち悪さはなく面白く読むことができた
明日はクリスマスだし色々と共感してしまう本であった

著者のデビュー作という事で、読んでみましたが、まぁ、馬鹿馬鹿しい。賢い京大生の馬鹿馬鹿しい姿が面白い。読みながらふふふ。と、含み笑いをしてしまうくらい。そして、彼達はとても愛おしい。

さすがです。
読み終わり、じ〜ん…男臭いのがたまらん。

太陽の塔は、大阪モノレールの車内から見るのがいちばんいい、というのが自論。昼でも夜でも、朝でも夕方でも、晴れでも雨でも。

またまた今回も森見節炸裂だが、圧倒的恋愛小説。愛さずにはいられない言葉の数々。阿呆で、バカバカしすぎる不毛な妄想男だが、水尾さんが大好きだということがひしひしと伝わってくる。
昭和レトロな文体で、冬の夜にほんのり切なさを感じたいときにぴったり。

きっと読後は体臭が一段と濃くなっていることだろう。

青春。

読者

C55512ef 3b77 47e6 bb62 f5cbb149488dIcon user placeholderHeatheart0907 normalE7d6991d e90b 4a77 88e8 57092cd35a4eIcon user placeholderH4vpnusd normalCc26d279 75ab 4222 a669 a2f949113b28Icon user placeholder 184人

森見登美彦の本

宵山万華鏡

宵山万華鏡

It9trq 4 normal

ma

自分でツイートはあまりせずに、色…

笑えるパートもありつつも、じわりと不気味な森見登美彦ワールドが好き。

4か月前

Jm7edlu6 normalH4vpnusd normalIcon user placeholder
ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ

L98iuxza normal

ガリータ

標準より痩せ型です

 本を読むと私の世界とは別の世界へと旅行した感覚になる。創られた世界ではあるけれど、読んでいる瞬間は本当にある世界のように感じてしまう。  この本は不思議な世界ではあるけれど、どこか本当にありそうな世界。突如、街に現れたペンギンたちとその謎を研究する少年と鍵を握るお姉さんの物語。  不思議な謎に挑んでいくストーリーは奇妙なんだけれど、ワクワクしながら読んでいけた。少年目線のどんなことでも不思議と思う好奇心。大人になると不思議なことを不思議と思わなくなるなと少し寂しくなった。  

4か月前

9d5a18d4 e4eb 4019 8d6e f04669dc5c12Icon user placeholderIcon user placeholder 17
夜行

夜行

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/12/11 読了 終着駅は何処だ〜? という感じで読み進めましたが、最終章に来て此処か〜! ということで納得。 久しぶりの森見登美彦。楽しく一気読みでした。さて、この世の外にはどんな世界が広がっているのだろう。

7か月前

Icon user placeholder9e214c83 6a82 4ea2 ae16 634119fa578b01b18cd2 7590 4c5a 91df e503f59adf1e 33
太陽の塔(1)

太陽の塔(1)

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Matsuda(Yamamoto)

島根県/双子/社会福祉法人(支援…

アイコンで出てこないのが残念だけど、装丁が素敵。好きな人に振り向いてもらえないもどかしさを感じたことのある人は心が締め付けられ、もどかしさを乗り越えた人は懐かしさとあの頃の自分の頑張りを讃えたくなるようなそんな漫画。

8か月前