51k336bcgll

コメント

読み終わり。なんか人類がどうのこうのみたいな2篇。僕はいいぞというページを折りながら本を読むのだけど、ずっと面白すぎて一度もページ折らずに読みきってしまうことがたまにあり、これもそれだった。とんでもなかった。『私の恋人』も早く読みたい。現れてくれて大変うれしい。

どちらとも今までに未体験だった読了感。
太陽は金をめぐり生まれ入れ変わる世界。惑星は某アップルを思い起こしながら、時間の自由な使い方で東京オリンピックは始まっていく…面白かった。

読者

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cF42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef9357cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5Maman putain6 normalE3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a 5人

上田岳弘の本

ニムロッド

ニムロッド

085ff378 1f8e 4d55 a3b0 4b20de187126

Kenny

読むこと、書くことが好きな人

混沌としたテキストは、心地が良い。 時折、作者の執着とか「こう読ませたい」という意図が過剰な説明として表出すると、一気に興ざめてしまう。この感覚は、中学校の国語の授業に似ている。考えさせる授業のようで、実は「読み」に正解がある世界。答えがある世界を知ってしまったあの窮屈さを、それがわからない隣のまりえちゃんには伝えることができない悲しさが拍車をかける。 『ニムロッド』は墓標の前で一人佇む父親のように優しくて少し哀しげな小説だ。押し付けられる教訓も意味も持たない。あるのは語りだけだ。それ以上でも以下でもない。 語りの内実に一貫性はないように思われる。けれども何かリリカルな、物悲しげな気配は常にそこにある。それはおそらく、いや、明らかに田久保とニムロッド側の世界と、「僕」の世界が異なっていて、その断絶が埋まり得ないからだろう。 そして、上田岳弘特有の「人類」「過去」「未来」との親和性が、「種」としての人間の叙情性を生み出しているように思われる。

12日前

26e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e9014F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e5178c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed 35
私の恋人

私の恋人

568df437 3f78 4b41 b3cc 741955579aea

cisumon

Wes Anderson すき

主人公は二代の前世の記憶を持ちながら、現代で一人の女性を想いながら暮らしているサラリーマン…というとSF小説のよう。 なぜこの三代の時代背景なのか、もう一人の登場人物の回想から少しずつ解明していく。 ですが、恋愛小説です。 最後まで読んだ後、最初の項を読み直すとスーッとします。

8か月前

29c4ab89 1b08 483a a507 6f2ca5fd4abcIcon user placeholderAc8d108e 5079 478a aed5 65d512786199
塔と重力

塔と重力

F42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935

toqumaru

・共感を拒むための言葉 ・今もまだ起こっている悲劇は、世界の完成のために足りていないパーツなのだ。

11か月前

D58a0b0d e5d7 4b5f 843e 2595413885913bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf91f15d1e6 c2b7 468f 8926 d4c38e58984c 9
GRANTA JAPAN with 早稲田文学 03

GRANTA JAPAN with 早稲田文学 03

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

「若手作家ベスト11」の中から一編。村田沙耶香『素敵な素材』〜人は死んだら物質になってしまう。だから、温かい生物でいられる時間が愛おしい。本当にそうだろうか?死を忌まわしく思いすぎると、生まで軽んじることになりはしないか?そんなことを考えました。

2年前