Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
417gf8hwlil

2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだ... 続き

コメント

これを読む前に【セックスレスが過去最高】の見出しとパーセンテージをネット記事で見て『そうなんだ〜』と軽い印象だったのだけど
ある夫婦の一例をこうもみるとセックスレスを軽く見てはいけない、セックスレスと一言で片付けてはいけない

親との関係、旦那との関係、社会との関係
全て上手くいくことなんて出来ない
する必要もない
著者にこの本を書いた事を良かったねと言ってあげたい
吐き出す場所が出来て良かった

タイトルのコミカルさと冒頭の旦那さんとの出会いから楽しいだけの内容で進むと思っていたが
現実の話しが次々に出てくるリアル話であった

ご夫婦お二人共、とても真摯に生きてる方だ

その他のコメント

読み終わって「もういい、休め…休め…ッ」と本気で思いました。
これが小説なら、胸糞だなーとか、さらりと流せるのですが
エッセイなだけに読み終わってからもしんどくてしんどくて、いろんな気持ちがぐるぐるしました。

夫のちんぽが入らない話ではあるのですが、そういう下ネタ的なお話ではなく、
ものすごくざっくり言うと「夫のちんぽが入らない欠陥品」で「仕事も続けられず」「免疫の病気になった」妻と、「こっそり風俗に通いながら」「仕事を頑張り続け」「パニック障害になった」夫、この夫婦の本当に文字通り心身ともに傷だらけのエッセイです。
引き込まれて一気に読みました。
何箇所か読んでいて笑ったりもしたのですが、それは「こんな時は笑うしかない」という諦念のような、やり過ごすための笑いだったと我ながら思います。

今うまく感想がまとまらないほど、苦しい話でした。
すごく話題になっているようだったので買ったのですが、このエッセイが話題になっている背景が気になります。
タイトルのインパクトの話題性はもちろん、みんなちんぽが入らなかったり、夫婦のことで人知れず悩んでいるのかな、と。

数ページでこだまさんのことが大好きになり、最後には尊敬と愛おしさが混じる感覚でいっぱいになった。

ちんぽが入らないことが全てに繋がっているようなそうでないような。入らないことの物哀しさと切なさと苦悩。それもひっくるめたこだまさんの愛おしい20年。
奇跡のようなきらきらとした瞬間、身を引きちぎられるような出来事、どんな時でも優しく穏やかでちょっとだけどこか滑稽で、ただひたむきに向かい合う。
あぁ、なんて優しい人なんだろう。
どうかこだまさんがシアワセでありますように。

時を過ごしてできる関係性、ちょっとイビツで‬もとてもとても素敵だなと思う。

読者

8a6c15ff 8a5f 458c 8cd1 10984e454421Be292afb 251c 4e5b a3f8 5dc04f3afd98Ad19af95 27c3 41fe 8eca 1045f14a1bf506173605 502f 4559 9578 903e6dd1a82fLbb1pwey normalEb6a38d1 3bea 4d84 89e4 6e5760017087B839f0bb b4a7 4f0a b618 c8ca8a807b066b4cb31e 14d4 453e 9c24 a8675fc7bc0a 127人

文芸

土曜の夜と日曜の朝

土曜の夜と日曜の朝

7fbd141b a4c6 46c9 905c 8d70bd065902

kantaroh

ブルーにこんがらがって

工場勤務の青年アーサーは、お上品な奴じゃない。 人妻を誘惑して洒落込んだり、喧嘩をしたり、いつも虫の居所が悪いピカロだ。 けれど彼は、人生に対して一家言を持っている。 「人生はきびしい、へこたれるもんか」 土曜の夜をパブで破茶滅茶に過ごし、静かな日曜の朝を迎える労働者階級の青春。いつの時代も男の子は少しやんちゃがちょうどいい。

約2時間前

白河夜船

白河夜船

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

これは再生の物語 何もできなくて、身動きすらできない悲しみのなか、ただ眠ることだけが救い ゆめなのかうつつなのかわからないなかで見る、 いなくなってしまったあの人の幻 でも、眠りはいつか再び立ち上がるための休息 人にはそういう時間が必要なときがある とてもよい本でした

約18時間前

E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f41909734cbd26 e919 4074 a7c1 90bc6da246b17cdadb0a 9ac7 469a be1c 2e34026d4e51 11
嘘八百

嘘八百

330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f

Hajime Ishida

楽しく記憶に残す読書 【記憶に…

地元堺市を舞台にした映画の本ということで購入しました。 骨董品の世界のことはよく知らなかったのですが、こんなこともあるのかなあという感じ。 堺市内の地名が出てくるので、イメージしやすかった。 後半、茶器を苦心して作るシーンがあるので、陶芸をされている方はより楽しめるだろうなあと思いました。 少しですが、利休や半井瑞策、長次郎のことが勉強になりました。 コメディなので気楽に読める作品でした。

約19時間前

お月さん

お月さん

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9

hito.N

読みやすく自然に頭に入る短編が多いのだが、なぜか読み終わった後に物悲しさが残る。物悲しさが記憶に残る。少し寂しいそんな本だった。

1日前