Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
417gf8hwlil

2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだ... 続き

コメント

これを読む前に【セックスレスが過去最高】の見出しとパーセンテージをネット記事で見て『そうなんだ〜』と軽い印象だったのだけど
ある夫婦の一例をこうもみるとセックスレスを軽く見てはいけない、セックスレスと一言で片付けてはいけない

親との関係、旦那との関係、社会との関係
全て上手くいくことなんて出来ない
する必要もない
著者にこの本を書いた事を良かったねと言ってあげたい
吐き出す場所が出来て良かった

タイトルのコミカルさと冒頭の旦那さんとの出会いから楽しいだけの内容で進むと思っていたが
現実の話しが次々に出てくるリアル話であった

ご夫婦お二人共、とても真摯に生きてる方だ

その他のコメント

読み終わって「もういい、休め…休め…ッ」と本気で思いました。
これが小説なら、胸糞だなーとか、さらりと流せるのですが
エッセイなだけに読み終わってからもしんどくてしんどくて、いろんな気持ちがぐるぐるしました。

夫のちんぽが入らない話ではあるのですが、そういう下ネタ的なお話ではなく、
ものすごくざっくり言うと「夫のちんぽが入らない欠陥品」で「仕事も続けられず」「免疫の病気になった」妻と、「こっそり風俗に通いながら」「仕事を頑張り続け」「パニック障害になった」夫、この夫婦の本当に文字通り心身ともに傷だらけのエッセイです。
引き込まれて一気に読みました。
何箇所か読んでいて笑ったりもしたのですが、それは「こんな時は笑うしかない」という諦念のような、やり過ごすための笑いだったと我ながら思います。

今うまく感想がまとまらないほど、苦しい話でした。
すごく話題になっているようだったので買ったのですが、このエッセイが話題になっている背景が気になります。
タイトルのインパクトの話題性はもちろん、みんなちんぽが入らなかったり、夫婦のことで人知れず悩んでいるのかな、と。

数ページでこだまさんのことが大好きになり、最後には尊敬と愛おしさが混じる感覚でいっぱいになった。

ちんぽが入らないことが全てに繋がっているようなそうでないような。入らないことの物哀しさと切なさと苦悩。それもひっくるめたこだまさんの愛おしい20年。
奇跡のようなきらきらとした瞬間、身を引きちぎられるような出来事、どんな時でも優しく穏やかでちょっとだけどこか滑稽で、ただひたむきに向かい合う。
あぁ、なんて優しい人なんだろう。
どうかこだまさんがシアワセでありますように。

時を過ごしてできる関係性、ちょっとイビツで‬もとてもとても素敵だなと思う。

読者

Icon user placeholderEae09d04 be21 4a5e bdc1 74b396b0e66fFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deIcon user placeholderIcon user placeholderE2ad8d42 f945 432e 99a6 712c12fdba2f8296198c e5f1 4c02 8cbf 434d98b9b123E13f62be 0764 474d 88d3 3e0aece8e7c7 111人

文芸

穴

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

同じ、芥川賞受賞作『壁』を思い出した。漢字一字のタイトル、荒唐無稽の展開、実在しない奇妙な動物との出会い、不条理の極み……、共通項がいくつか挙げられる。 今さら、実存主義を持ち出すはずもなく、ならば、現代人に共通の不安がテーマと思いきや、諧謔な一面も見え隠れして、いっそ、女性性または妻という現代社会の中での存在をテーマにしたものか、と考えるうちに読み終えてしまった。ただ、同じ分量の小説を読むのにかかる時間に比べ、かなり時間がかかったのは、言葉ひとつひとつの重さゆえか。

1日前

F31dc9b8 954e 4d4f 8612 66fea9482b2b642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74835fa5fe 09fa 49fb 8cab f52ee684e1e5 11
幼年画

幼年画

7d0aadd2 a95e 4663 a46e 3453c4b3402a

Mariko Iwauchi

I love books. I

古本屋さんで二つ装丁違いで並んでてこちらを購入。 「いいですよ」と信頼してる店主さんの言葉付き。 読みはじめてすぐに、「いいです」を感じる情景が浮かぶ様な文章です。

1日前

8e410532 95ba 41bb 9afd 9b57a614ae7e3a22042c 4cc3 4067 a0ee d898a900b992565087b5 d3fb 404c 85d7 b767a6b1f378
国盗り物語織田信長

国盗り物語織田信長

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

2017-11-24 何回も読んでるのに、いつも一気に読んでしまう。 テンポも良いしね。 あとがきでの幽斎の件は考えさせられる。

2日前

11afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032D0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f
国盗り物語織田信長

国盗り物語織田信長

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

2017-11-22 織田信長編というよりも、明智光秀編の方がスッキリする。 道三の後継者たる信長と明智の物語であるが、さすがの司馬遼太郎も信長は描きずらいのかな?

2日前

11afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032D0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f