Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
31nuzjyleyl

2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだ... 続き

コメント

正しいとか間違っているとかを一旦置いて、まず文章としてめちゃくちゃ面白かった。
読みやすい文章、センスのある言葉選び、1つ1つの表現たちが頁をめくる手を止めさせてくれなかった。

自分を責めすぎだろと思う箇所をツッコミつつ、そうだね、そうだねと思いながら読んだ。

自分の物差しが絶対に正しいとは限らない。

これは地球が、人間が産んだ最大で最高の真理だ。これを自分の血まみれの人生から取り出したこだまさんは途轍もなく優しい人だな。

余談
この本を基に作られたceroのOrphansを聴きながら2巡目読了。
「神様の気まぐれなその御手に掬い上げられてわたしたちはここにいるのだろう」
と言う歌詞が心を落ち着かせてくれた。

その他のコメント

読み終わって「もういい、休め…休め…ッ」と本気で思いました。
これが小説なら、胸糞だなーとか、さらりと流せるのですが
エッセイなだけに読み終わってからもしんどくてしんどくて、いろんな気持ちがぐるぐるしました。

夫のちんぽが入らない話ではあるのですが、そういう下ネタ的なお話ではなく、
ものすごくざっくり言うと「夫のちんぽが入らない欠陥品」で「仕事も続けられず」「免疫の病気になった」妻と、「こっそり風俗に通いながら」「仕事を頑張り続け」「パニック障害になった」夫、この夫婦の本当に文字通り心身ともに傷だらけのエッセイです。
引き込まれて一気に読みました。
何箇所か読んでいて笑ったりもしたのですが、それは「こんな時は笑うしかない」という諦念のような、やり過ごすための笑いだったと我ながら思います。

今うまく感想がまとまらないほど、苦しい話でした。
すごく話題になっているようだったので買ったのですが、このエッセイが話題になっている背景が気になります。
タイトルのインパクトの話題性はもちろん、みんなちんぽが入らなかったり、夫婦のことで人知れず悩んでいるのかな、と。

数ページでこだまさんのことが大好きになり、最後には尊敬と愛おしさが混じる感覚でいっぱいになった。

ちんぽが入らないことが全てに繋がっているようなそうでないような。入らないことの物哀しさと切なさと苦悩。それもひっくるめたこだまさんの愛おしい20年。
奇跡のようなきらきらとした瞬間、身を引きちぎられるような出来事、どんな時でも優しく穏やかでちょっとだけどこか滑稽で、ただひたむきに向かい合う。
あぁ、なんて優しい人なんだろう。
どうかこだまさんがシアワセでありますように。

時を過ごしてできる関係性、ちょっとイビツで‬もとてもとても素敵だなと思う。

読者

Icon user placeholder6a732c0a a460 4f5d 9189 99c2559dd83404b3ec22 7468 4a40 83b4 4ace156b43fbF278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e148dfe77b b1a5 45f9 912a ebf3b398676e68d8fac3 b51a 400d a18a 09238ebdeedb763db95d b30e 41f5 9cde bd7ae98a0b38954dbfde 19e9 4dc5 b907 c45f8bd7e27e 100人

文芸

61k0saynarl

出会いなおし 森絵都

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

何度も何度も会ってるのだろうか。 運命的なことなんてまだ何にもない人生だけれど。 この人の書くお話が好きだ、と思った。 出会えてよかった一冊です。

約2時間前

Icon user placeholderFfbc26e2 2758 4166 a12f 0fee91ae2f9f11310b4e 3dbc 4131 9297 8cf1a8e7eccf
51p4nfzndul

にじいろガーデン 小川糸

015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554

まいさん

頭でっかちにならないように、ゆっ…

いつか、いろんな愛のかたちを、当たり前のように受け入れられる世界になれば良いな。少しずつ、理解がされつつあるけれど、まだまだ、本当にまだまだ。愛することに、葛藤や躊躇がなくなる日が、近い将来訪れますように。

約16時間前

Picture040c1f4a 5718 4ca3 b0ed 54c32f508fc399ad4324 4c75 4467 bb85 f071d199e46a
51uw2uig0yl

夢をかなえるゾウ 文庫版 水野敬也

E144bc12 c5f1 4f71 a3b3 37019544230b

ゆーやん

猫好きのITエンジニアです

自己啓発本のオススメとして有名な一冊。 この本は他の自己啓発本とは一味も二味も違う。 単なる自己啓発本ではなく、小説として読めてしまう点が面白い。 このままの自分ではダメだといっときは奮闘するも、すぐにいつもどおりの自分に戻ってしまうダメサラリーマンの主人公。 そんな主人公の前に突然関西弁をしゃべる謎のゾウ(自称インド神ガネーシャ)が登場する。 ゾウは主人公の変わりたいと思う気持ちを具現化するために、主人公へ毎日課題を出すのだが、その課題の内容が一見何の役に立つのか分からない。 しかし、ゾウが出す課題には必ず意味があって、主人公も最初は愚痴をこぼすが確実に課題をこなして成長を実感していく。 そして、全ての課題を終えたとき、主人公は大きな夢を成し遂げるといったストーリー。 ストーリーはさておき、ゾウが出す課題の内容と、キャラがとにかく面白い。2日で読み切ってしまった。 私も主人公と同じように、自己啓発本を読んで意識を変えても、結局三日坊主でいつも通りの自分に戻ってしまうのが悩みでした。 この本を読み終えたとき、「意識」を変えていたのが原因だったんだなと気づかせてくれました。 水野さんありがとう! (私がガネーシャに課された課題はこれで全て完了しました。)

3日前

Icon user placeholder0b28d5ca 1fbf 4de9 a5e1 a2dcda9273d8Icon user placeholder 72