31nuzjyleyl

2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだ... 続き

コメント

正しいとか間違っているとかを一旦置いて、まず文章としてめちゃくちゃ面白かった。
読みやすい文章、センスのある言葉選び、1つ1つの表現たちが頁をめくる手を止めさせてくれなかった。

自分を責めすぎだろと思う箇所をツッコミつつ、そうだね、そうだねと思いながら読んだ。

自分の物差しが絶対に正しいとは限らない。

これは地球が、人間が産んだ最大で最高の真理だ。これを自分の血まみれの人生から取り出したこだまさんは途轍もなく優しい人だな。

余談
この本を基に作られたceroのOrphansを聴きながら2巡目読了。
「神様の気まぐれなその御手に掬い上げられてわたしたちはここにいるのだろう」
と言う歌詞が心を落ち着かせてくれた。

その他のコメント

読み終わって「もういい、休め…休め…ッ」と本気で思いました。
これが小説なら、胸糞だなーとか、さらりと流せるのですが
エッセイなだけに読み終わってからもしんどくてしんどくて、いろんな気持ちがぐるぐるしました。

夫のちんぽが入らない話ではあるのですが、そういう下ネタ的なお話ではなく、
ものすごくざっくり言うと「夫のちんぽが入らない欠陥品」で「仕事も続けられず」「免疫の病気になった」妻と、「こっそり風俗に通いながら」「仕事を頑張り続け」「パニック障害になった」夫、この夫婦の本当に文字通り心身ともに傷だらけのエッセイです。
引き込まれて一気に読みました。
何箇所か読んでいて笑ったりもしたのですが、それは「こんな時は笑うしかない」という諦念のような、やり過ごすための笑いだったと我ながら思います。

今うまく感想がまとまらないほど、苦しい話でした。
すごく話題になっているようだったので買ったのですが、このエッセイが話題になっている背景が気になります。
タイトルのインパクトの話題性はもちろん、みんなちんぽが入らなかったり、夫婦のことで人知れず悩んでいるのかな、と。

数ページでこだまさんのことが大好きになり、最後には尊敬と愛おしさが混じる感覚でいっぱいになった。

ちんぽが入らないことが全てに繋がっているようなそうでないような。入らないことの物哀しさと切なさと苦悩。それもひっくるめたこだまさんの愛おしい20年。
奇跡のようなきらきらとした瞬間、身を引きちぎられるような出来事、どんな時でも優しく穏やかでちょっとだけどこか滑稽で、ただひたむきに向かい合う。
あぁ、なんて優しい人なんだろう。
どうかこだまさんがシアワセでありますように。

時を過ごしてできる関係性、ちょっとイビツで‬もとてもとても素敵だなと思う。

読者

4f13c3ee c469 4405 a344 5c4f3bed4e93763db95d b30e 41f5 9cde bd7ae98a0b38954dbfde 19e9 4dc5 b907 c45f8bd7e27e012dfa0e 4e62 4e79 b707 d05d6d29cbab71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e957f4fb7d3 69a7 4db5 9cc8 d8e4d76f5b0aA7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269 95人

文芸

51gu57j%2bawl
7634d4f1 d644 4c2f a70f 0163db0da3fb

saki

会社員ときどき占い師

ドラマを見始めたので、久方ぶりの再読。テレビではキャラクターがそれように買えられているが、ストーリーの骨子はどこまで原作を活かすのか見もの。最後まで見届けようと思う

約6時間前

513bivwumyl
Abcbaea3 a181 4074 b32c 7fbe24b4f67c

あーちゃん

読書は大人になってから楽しめるよ…

読み終わった後、優しい気持ちになるほんわかミステリー。 四季になぞらえた四つのストーリーは、季節を追うごとに様々なことが繋がっていきます。 冬が終わりまた春が来るように、ストーリーも季節を巡るような感じがしました。 探偵気取りな華沙々木の迷ゼリフ 「チェックメイト」 には段々、もうこれ以上余計な推理をしないでー!!とイライラ…しかし、その間違った推理を影で修正する相棒、日暮さんの活躍ぶりといったらもう、ノーベル賞もの。 人の優しさが、また人の優しさを生む。 足りないところを、誰かの優しさで補いあっていく素敵なお話でした。

約10時間前

A01542c4 9efb 434f 8a1d a0fc7d11c1516cd227dc 4993 4c94 90fd 1e6b820d974535b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438
51ya0%2beyffl
60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

東日本大震災の被災地、特に福島第1原発周辺自治体の人々を描いたノンフィクション作品。通り一遍の被災地報道だけでは伝わらない、境界の内側のギラギラとした生々しさが伝わってくる。 非日常が日常となった世界。憑かれたように彼の地に通い詰める筆者、境界の内側をドップリ覗き込んでしまった彼女のその後が心配。

約23時間前

07c514b3 687b 40f9 b3f6 7f01c892ea5085c76b42 4588 453e bd62 20057fc81ee8C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746
517pst29bol
3d1453a2 c7f8 4c03 8f78 f4d7f65df083

knightsbridge

読書好き Kindleよりも紙の…

スラスラ読めて面白い。 主人公は60だが老いを感じさせない。 ボクサーはカッコいい 下が楽しみ♪

1日前

535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb0428b805 0227 4490 be82 27528fd3d1b3B4229ab4 f9fe 4070 a875 a9e08552c747