Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
31nuzjyleyl

2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだ... 続き

コメント

初めて本屋で見かけた時、タイトルに心から衝撃を受けた。今は別に読んでる本があるから今度読もう!と思ってたら、いつの間にかこんなに時間が経ってしまった笑
出だしから文章がのっている。もう、最後まであっという間に読んでしまう文章のうまさと、ストーリーの衝撃さがあった。これが現実に存在する話だというから、まさに衝撃。
「夫のちんぽが入らない」だけではない、彼女の半生が赤裸々に綴られている。それは幸せな部分以外に焦点が当てられ、まさに「どん底」に思える。それでも、その経験があってよかったと思える作者は強い。私だったらいつになったら幸せになれるんだってきっと思ってしまう。
幸せになる方法ではなく、自分と向き合うことの大切さを彼女の半生を通して学ぶことができる一冊だと思う。

その他のコメント

読み終わって「もういい、休め…休め…ッ」と本気で思いました。
これが小説なら、胸糞だなーとか、さらりと流せるのですが
エッセイなだけに読み終わってからもしんどくてしんどくて、いろんな気持ちがぐるぐるしました。

夫のちんぽが入らない話ではあるのですが、そういう下ネタ的なお話ではなく、
ものすごくざっくり言うと「夫のちんぽが入らない欠陥品」で「仕事も続けられず」「免疫の病気になった」妻と、「こっそり風俗に通いながら」「仕事を頑張り続け」「パニック障害になった」夫、この夫婦の本当に文字通り心身ともに傷だらけのエッセイです。
引き込まれて一気に読みました。
何箇所か読んでいて笑ったりもしたのですが、それは「こんな時は笑うしかない」という諦念のような、やり過ごすための笑いだったと我ながら思います。

今うまく感想がまとまらないほど、苦しい話でした。
すごく話題になっているようだったので買ったのですが、このエッセイが話題になっている背景が気になります。
タイトルのインパクトの話題性はもちろん、みんなちんぽが入らなかったり、夫婦のことで人知れず悩んでいるのかな、と。

数ページでこだまさんのことが大好きになり、最後には尊敬と愛おしさが混じる感覚でいっぱいになった。

ちんぽが入らないことが全てに繋がっているようなそうでないような。入らないことの物哀しさと切なさと苦悩。それもひっくるめたこだまさんの愛おしい20年。
奇跡のようなきらきらとした瞬間、身を引きちぎられるような出来事、どんな時でも優しく穏やかでちょっとだけどこか滑稽で、ただひたむきに向かい合う。
あぁ、なんて優しい人なんだろう。
どうかこだまさんがシアワセでありますように。

時を過ごしてできる関係性、ちょっとイビツで‬もとてもとても素敵だなと思う。

読者

Icon user placeholder6a732c0a a460 4f5d 9189 99c2559dd83404b3ec22 7468 4a40 83b4 4ace156b43fbF278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e148dfe77b b1a5 45f9 912a ebf3b398676e68d8fac3 b51a 400d a18a 09238ebdeedb763db95d b30e 41f5 9cde bd7ae98a0b38954dbfde 19e9 4dc5 b907 c45f8bd7e27e 100人

文芸

51uw2uig0yl

夢をかなえるゾウ 文庫版 水野敬也

E144bc12 c5f1 4f71 a3b3 37019544230b

ゆーやん

猫好きのITエンジニアです

自己啓発本のオススメとして有名な一冊。 この本は他の自己啓発本とは一味も二味も違う。 単なる自己啓発本ではなく、小説として読めてしまう点が面白い。 このままの自分ではダメだといっときは奮闘するも、すぐにいつもどおりの自分に戻ってしまうダメサラリーマンの主人公。 そんな主人公の前に突然関西弁をしゃべる謎のゾウ(自称インド神ガネーシャ)が登場する。 ゾウは主人公の変わりたいと思う気持ちを具現化するために、主人公へ毎日課題を出すのだが、その課題の内容が一見何の役に立つのか分からない。 しかし、ゾウが出す課題には必ず意味があって、主人公も最初は愚痴をこぼすが確実に課題をこなして成長を実感していく。 そして、全ての課題を終えたとき、主人公は大きな夢を成し遂げるといったストーリー。 ストーリーはさておき、ゾウが出す課題の内容と、キャラがとにかく面白い。2日で読み切ってしまった。 私も主人公と同じように、自己啓発本を読んで意識を変えても、結局三日坊主でいつも通りの自分に戻ってしまうのが悩みでした。 この本を読み終えたとき、「意識」を変えていたのが原因だったんだなと気づかせてくれました。 水野さんありがとう! (私がガネーシャに課された課題はこれで全て完了しました。)

2日前

Icon user placeholder0b28d5ca 1fbf 4de9 a5e1 a2dcda9273d8Icon user placeholder 72
51i78cioljl

満潮 朝倉かすみ

5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb

takbook

初心者です

倒錯していた白猫が、倒錯していく ぼくに、長年の思いを成就させられる話。 先入観を持ってはいけません。

2日前

51mtfj0y6ul

風とにわか雨と花 小路幸也

Ad47faf1 f79d 468f 9bd2 444ce25056fe

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 東京…

突然 父親が専業小説家になると言って 離婚した両親 2人の姉弟が 父親の元へ 泊まりに行くひと夏の話 父親は一人暮らしを始めて小説を書き 母親は独身時代にやっていた建築設計の仕事を始めて ちょっと楽しくなっていて 子供達はそれぞれ いろんな大人と話をして成長している 離婚がいい事だとは言わないけど 必ずしも悪い事でもなく 誰もが幸せへと前向きになれるのなら いろんな形の家族があってもいいと思う

2日前