Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
417gf8hwlil

2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだ... 続き

コメント

初めて本屋で見かけた時、タイトルに心から衝撃を受けた。今は別に読んでる本があるから今度読もう!と思ってたら、いつの間にかこんなに時間が経ってしまった笑
出だしから文章がのっている。もう、最後まであっという間に読んでしまう文章のうまさと、ストーリーの衝撃さがあった。これが現実に存在する話だというから、まさに衝撃。
「夫のちんぽが入らない」だけではない、彼女の半生が赤裸々に綴られている。それは幸せな部分以外に焦点が当てられ、まさに「どん底」に思える。それでも、その経験があってよかったと思える作者は強い。私だったらいつになったら幸せになれるんだってきっと思ってしまう。
幸せになる方法ではなく、自分と向き合うことの大切さを彼女の半生を通して学ぶことができる一冊だと思う。

その他のコメント

読み終わって「もういい、休め…休め…ッ」と本気で思いました。
これが小説なら、胸糞だなーとか、さらりと流せるのですが
エッセイなだけに読み終わってからもしんどくてしんどくて、いろんな気持ちがぐるぐるしました。

夫のちんぽが入らない話ではあるのですが、そういう下ネタ的なお話ではなく、
ものすごくざっくり言うと「夫のちんぽが入らない欠陥品」で「仕事も続けられず」「免疫の病気になった」妻と、「こっそり風俗に通いながら」「仕事を頑張り続け」「パニック障害になった」夫、この夫婦の本当に文字通り心身ともに傷だらけのエッセイです。
引き込まれて一気に読みました。
何箇所か読んでいて笑ったりもしたのですが、それは「こんな時は笑うしかない」という諦念のような、やり過ごすための笑いだったと我ながら思います。

今うまく感想がまとまらないほど、苦しい話でした。
すごく話題になっているようだったので買ったのですが、このエッセイが話題になっている背景が気になります。
タイトルのインパクトの話題性はもちろん、みんなちんぽが入らなかったり、夫婦のことで人知れず悩んでいるのかな、と。

数ページでこだまさんのことが大好きになり、最後には尊敬と愛おしさが混じる感覚でいっぱいになった。

ちんぽが入らないことが全てに繋がっているようなそうでないような。入らないことの物哀しさと切なさと苦悩。それもひっくるめたこだまさんの愛おしい20年。
奇跡のようなきらきらとした瞬間、身を引きちぎられるような出来事、どんな時でも優しく穏やかでちょっとだけどこか滑稽で、ただひたむきに向かい合う。
あぁ、なんて優しい人なんだろう。
どうかこだまさんがシアワセでありますように。

時を過ごしてできる関係性、ちょっとイビツで‬もとてもとても素敵だなと思う。

読者

Icon user placeholderEae09d04 be21 4a5e bdc1 74b396b0e66fFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deIcon user placeholderIcon user placeholderE2ad8d42 f945 432e 99a6 712c12fdba2f8296198c e5f1 4c02 8cbf 434d98b9b123E13f62be 0764 474d 88d3 3e0aece8e7c7 111人

文芸

ヴィオレッタの尖骨

ヴィオレッタの尖骨

5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb

takbook

初心者です

閉ざされた社会で過ごす多感な年頃の女の子のお話4編。芸術科、厳しい家庭、売春宿、女子校と、いろいろな舞台で、特徴ある女の子が関係を絡めて行きます。 理解できるところ、そうでないところ、いろいろですが、割とテンポよく読めます。 なお、女性同士の性的描写もあります。

約12時間前

悟浄出立

悟浄出立

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

西遊記、三国志、史記などの中国古典を万城目学がアレンジ。 表題作は、仲間達の後をついて行くだけだった沙悟浄が、前へと歩き出す成長物語。 一見堅苦しい中国古典もこれならサクッと楽しめる。これを読んだ後なら、漢文も楽しく学べそう。

約12時間前

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311A26e4845 1e26 4848 be07 0d7579fc67eb 12