418iix04dql

2006年に自由が丘で単身立ち上げた出版社「ミシマ社」。数々の話題書をつくりながら、東日本大震災を機に京都・城陽市にも拠点を開設。二拠点体制が始まる。はた... 続き

コメント

新しい試みを続けるミシマ社が、京都と奈良の間、城陽に拠点を移した、その経緯が書かれています。東京を離れ地方に出版社を作る試みは、結局問題も多く、やがてオフィスを京都市内に移すことになるのですが、そうした結果も含め、東京の一極集中と地方、編集の仕事について、さまざまに考えさせられる本でした。

最近読み終わったばかりで、「記号がまったく機能しない場所で、出版社をたちあげる」という言葉がほかでも生きそうだと思った本。 #読了

企業がビジネスを行うにあたって『立地』はとてもこだわらなければいけない項目である、ということがヒシヒシと伝わってくる良書。(新聞・雑誌・広告・印刷業界がかつて銀座界隈に集中していたのにもそれなりの理由があったわけですね)

ミシマ社応援します!

三島さんが悩み、もがきながら戦い続けているさまが、行間から痛いくらいに伝わってきた。『ほがらかな出版社』だけど、生き方はハードボイルドだ。

読者

97a21eba 6bcd 485f 8b8a baae7aaffb7c3b7eb4a8 f99b 4507 924e bf18d5d6a0f81cd55dd0 33e9 4c12 8724 8c74b7de94513fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b94610050 28a3 4194 bba5 b0de45b4447f47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a4a17af4b 57ff 4d7e 881e 048a0be2670d 7人

三島邦弘の本