51evffnb3kl

ひとかけらのマドレーヌを口にしたとたん全身につたわる歓びの戦慄-記憶の水中花が開き浮かびあがる、サンザシの香り、鐘の音、コンブレーでの幼い日々。重層する世... 続き

コメント

その他のコメント

読者

Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8799da31c fdb2 4d40 899c 2e4dabea94efBee7bd8b cebd 4f2f b420 4c45906e187c 3人

プルーストの本