51s74vuaccl

季節外れの吹雪で孤立した館、奇面館。主人影山逸史に招かれた六人の客はそれぞれの仮面を被らされた。前代未聞の異様な状況下で、事件は進展する。主人の〈奇面の間... 続き

コメント

館シリーズを読みきるのがもったいなくて、なかなか手をつけてなかったですが、満を持しての奇面館です。上巻はいろいろな条件提示の感じでした。下巻が楽しみです。

読者

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef3123b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d5937ddded9e 9c38 4e7f 8201 528fa1525b5e9b6918f0 31d9 4772 b469 00187c1e6633F2e2bdec 6db1 416f 9598 ed378988ec233183875e 72a7 4b2c b908 89c68f7209862e7725df e269 4881 b907 b3331d8a57d7 7人

綾辻行人の本

奇面館の殺人(下)

奇面館の殺人(下)

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

作者が書きたいことを書いた!って感じです。文章が読みやすいので、スラスラ読んで行ったら、途中からアレヨアレヨと結末とネタばらしに。正直、衝撃は少なかったですね。次が最後の館シリーズ。最後の物語を楽しみにしています。

5か月前

7ddded9e 9c38 4e7f 8201 528fa1525b5e3183875e 72a7 4b2c b908 89c68f720986
びっくり館の殺人

びっくり館の殺人

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

ミステリーランド発とのことで、だから挿絵がふんだんに使ってあるのね、と納得。トリックやオチについては、今までの館シリーズとは違い、トリックと言えるものでは無かったなぁ。次作に期待します。

10か月前