51sjs6kh24l

日常の振る舞いにこそ、その人となりは現れる。スパゲッティの召し上がり方、アルコールの嗜み方、サラダの本格的な作り方、クルマの正しい運転法、セーターの着こな... 続き

コメント

この本を読んでいる際に、「昭和軽薄体」という文章のジャンルがあることを知った。

土屋耕一さんでいう所の「言文一緒体」かしら。

伊丹さんの文体は、まさにそれなのだ。

僕は「昭和軽薄体」が大好きなのだと気づかせてくれた一冊。

食べ物に関するエッセイがことごとくおいしそう!

サンドイッチが食べたい

伊丹十三みたいな言葉遣いの方と結婚したい

こんなにあっさりと書けるって、やっぱりすごいなあ

格好つけるって、格好良いな。料理の描写が素敵で、読んでいてお腹が鳴ってしまったこと数回。恋愛や車との付き合い方、洋服についても独自の視点で綴られていた。時に唸り、時に声に出して笑いながら読みました。

2016.07.12
今では当たり前になった「エッセイ」という読み物のはしり。こういった形式の文章は、当時はすごく斬新で輝いてたとか。

こだわり、プライド、センス、そういった内面的なことに執着するオトコという生き物。そのオトコが放つ毒やユーモアは今読んでも色褪せず面白い。かなりのお気に入りになりました。

読者

0dd31ca7 cb82 4ea8 94ad 0aa0cbeb7bae33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902F42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef93587327942 8e51 4a3a 924b 22ccc2399af2Bbdebe8c d07c 4d28 abdd e826dff3047eDe232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c69d21e99 b3b3 461b a629 6b943372182bCe33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e63 20人

伊丹十三の本

ぼくの伯父さん 単行本未収録エッセイ集

ぼくの伯父さん 単行本未収録エッセイ集

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

「自分を愛するというのは、自分にかまけることじゃなくて、自分に関してはもう安心なんだから放っておいていいや、という境地が貴いわけで、そのためには、やはり幼年時代は溢れるような愛情に包まれて育つのが望ましい。」

約1か月前

9e2d8372 58f7 4a53 8c2a 8d674cbfb6ddEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fIcon user placeholder
アンソロジー カレーライス!!

アンソロジー カレーライス!!

2970514d f58b 4b33 988c faad88c878d6

blue_moon

読書好きです

御節にもそろそろ飽きてきて、ああ、カレーライスが食べたいな、と思いながら、ふと手にとった本。 中の紙までカレー色で、33人の方の書いた、いずれもカレーにまつわるエッセイは、トータルで、まるで沢山のスパイスを使うカレーのようなハーモニー、美味しく頂きました。

1年前

79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a9239856491cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffbBcef4f07 681e 45ad b000 bac28e968508
猫なんて!

猫なんて!

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

総勢47名の作家による猫話 猫との距離感、間合いがそれぞれでおもしろい 犬派ですが、猫もいいなあ… なんて笑

1年前

E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f4475657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b0147227c53 989e 4989 b044 f7d7c4e9f422
「お葬式」日記

「お葬式」日記

04712713 7c21 40b6 b713 e7f95ec43299

Toru Shibuya

有隣堂ビブリオバトル初代グランド…

伊丹作品好きなら是非! キャスティング、ロケハン、編集、資金繰り、全部描いてます、読むと映画本編もまた違った味で楽しめます。

2年前