41qpk2rjrll

コメント

女を失った後の静けさ、孤独、そして言いようのない不安感をうまく表している作品集だと思います。バーや車中、ベッドといったクローズドな空間も男の独白にはぴったり。ドライブマイカーと木野が好き。気持ちがわかるのはイエスタデイ。

その他のコメント

2016.11.5
女性には、嘘をつくための他律的な独立器官が備わっている。
渡会医師は、独立器官によって恋に落ち、押し上げられ、突き落とされてしまったけど、きっと独立器官の介入がなければ、人生はきっとずいぶん素っ気ないものになってしまうだろう。

何かを得なければ、失うことはないかもしれないけれど、失うことがなければ、得れない何かがあるかもしれない。

短編の春樹は長編の春樹と違った面白さがある。短編の方がリラックスと、くすくす笑いながら楽しめる。それでもこの短編集の中で仕上げるのが難しかったという「木野」はあるいは長編向きのテーマだったのではという気がしないでもない。

読者

1d236186 fded 4568 9bbf 2ff8088f3f3dIcon user placeholderIcon user placeholder06206327 59a0 471b 99a5 e92ea1ac1bb9Icon user placeholder242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaaIcon user placeholder2d1e8bcb 860c 4a49 b1d8 ea9deb2a3c9d 47人

村上春樹の本

バースデイ・ガール

バースデイ・ガール

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

二十歳の誕生日にアルバイトをしているお店のオーナーから ひとつだけ願いを叶えてあげると言われた主人公 その願いは 本文ではあかされなかったが 時間のかかる願い事らしい ひとつだけの願いって難しい 煩悩だらけの自分には 決められないかも

約1か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2412c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267
バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック〈2〉

バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック〈2〉

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

昔から好きな作家だし訳者だし、ほぼ全部読んでるはずだし再読するか、と思って手にとってみたらこれが未読の〜正確にいうと短編5編のうちいくつかが読んだ記憶のないもの〜作品集でなんか得した気分。短編と訳者である春樹さんのエッセイ、それに作者の「再発見」に貢献した文芸評論家の序文が収められている。「不躾なくらいに気前よく才能を撒き散らす作家」と訳者が言うとおり今読んでも古さを感じない作品ばかり。特にタイトル作は何度読んでも味わい深く素晴らしい。

3か月前