41qpk2rjrll

コメント

団長を読み終わった後に読むと、物語をまた振り返れるような気分になる。
男性達はどうしてこんなにも…と男の物語を感じる。
/夢というのは必要に応じて貸し借りできるものなんだよ、きっと。

その他のコメント

女を失った後の静けさ、孤独、そして言いようのない不安感をうまく表している作品集だと思います。バーや車中、ベッドといったクローズドな空間も男の独白にはぴったり。ドライブマイカーと木野が好き。気持ちがわかるのはイエスタデイ。

2016.11.5
女性には、嘘をつくための他律的な独立器官が備わっている。
渡会医師は、独立器官によって恋に落ち、押し上げられ、突き落とされてしまったけど、きっと独立器官の介入がなければ、人生はきっとずいぶん素っ気ないものになってしまうだろう。

何かを得なければ、失うことはないかもしれないけれど、失うことがなければ、得れない何かがあるかもしれない。

読者

642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c518142821 8e87 4cfd ad42 8a6ded7a6d6b4fc4d1d2 1398 48ef b5d7 1022bca7fde940fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf65289036e8471c 504e 4fe4 91e3 ddd29c88981b06206327 59a0 471b 99a5 e92ea1ac1bb9047665a9 9974 462f a98f ba30f581ed15 38人

村上春樹の本

41cevz2ozml
E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

特集「翻訳は嫌い?」に惹かれて購入。外文が好物なので。 巻頭の「日本翻訳史 明治篇」では、坪内逍遙や二葉亭四迷らが、西洋文学の翻訳を通して、新しい日本語(今私たちが読み書きしている日本語)を生み出していった歴史が述べられており、大変興味深く読みました。 「翻訳講座 村上春樹+柴田元幸」は、原文とお二人の訳文を比較しながら、良い翻訳とは何かについて論じています。私は柴田氏の翻訳が選書も含めて大好きなのですが、正確さよりも物語の雰囲気を重視した村上春樹の翻訳も読みやすくていいものだなあ、と思いました。

2か月前

Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa46dbdc6a4 9d7e 4688 a23d b7db3958e1b5
41oybner4pl
#<actiondispatch::http::uploadedfile:0x007fb585260d80>

ハイパラ

年に50冊は読みたい!よろしくど…

村上春樹の作品、実はほとんど読んでいません。(^^;;が、この本は良かった!村上春樹が語る「村上春樹」。共感というか、「繋がる」という感じ。ご本人の受け売りですが。(^^;;小説、毛嫌いしてましたが、読んでみようと思います。

3か月前

F157a395 dd8e 4942 a829 47ec55fc798b19de2fed 9472 4fce 90e4 1ed9e7ed3b736a5814fa d45f 468d 8be0 ebcf09a42343 28