41qpk2rjrll

コメント

団長を読み終わった後に読むと、物語をまた振り返れるような気分になる。
男性達はどうしてこんなにも…と男の物語を感じる。
/夢というのは必要に応じて貸し借りできるものなんだよ、きっと。

その他のコメント

女を失った後の静けさ、孤独、そして言いようのない不安感をうまく表している作品集だと思います。バーや車中、ベッドといったクローズドな空間も男の独白にはぴったり。ドライブマイカーと木野が好き。気持ちがわかるのはイエスタデイ。

短編の春樹は長編の春樹と違った面白さがある。短編の方がリラックスと、くすくす笑いながら楽しめる。それでもこの短編集の中で仕上げるのが難しかったという「木野」はあるいは長編向きのテーマだったのではという気がしないでもない。

読者

B8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e568df437 3f78 4b41 b3cc 741955579aeaF67b4b59 28d8 4095 aadc 201df9e1b21c3e5b6e4a faa3 40f0 bd2a a28d9e6cf60eB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849Df326c5e 03bb 4c26 b8f2 454d24072126412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f48e3de5c8 1857 4de6 8ffc d32e35052b35 28人

村上春樹の本

61kixwxnpll
Ac6031c8 0f43 44fc a7e4 44e4cfaed527

szm

Szm

装丁のカラー写真も豊富に、著者の翻訳仕事がざっと展望できる。 柴田元幸との対談も充実。二人の翻訳の姿勢の違いが面白い。この二人が話すと翻訳というのがどういうことなのか分かりやすい。 別に春樹ファンでなくとも関係なく読める。 翻訳スキルを高めたい人はもちろん、翻訳をよく知らない人にも面白いのでは。 硬くなく読みやすい。

3日前

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f92008634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c23e0380d 9551 45a0 b173 7db3903d7fa0