Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51cnudzy69l

村上春樹9年ぶりの短編集「ドライブ・マイ・カー」「イエスタデイ」「独立器官」「シェエラザード」「木野」「女のいない男たち」。表題作は書き下ろし。 続き

コメント

村上さんの作品の主人公はいつもいろんなことがありつつも、特別な存在のように感じていた。この短編集に出てくる主人公たちは私たち同じように失恋に向き合い、私たちと同じように感じている人たちばかりだった。すごく村上さんの作品を身近に感じられた。

傷心中に言い聞かせるように読んだのはいい思い出。
人の心はその人にしかわからないのが現実。

パートナーのいない時に読んだ本。

6話からなる短編集

恋愛関係、夫婦、雇用主と雇われ人、店主とお客など いろいろな男と女の話を 抽象的というか不思議な世界観で描かれている

男の目線で描写した女との関係。そのテーマは永く終わらないね。いまの木村さんはさすがに上手いが、最後のストーリーは初期の小説の読感を思い出せた。

今年もノーベル賞を逃した村上春樹氏。ある識者によれば、内容が俗物すぎるとか。賞にふさわしい格調の高さがかけているのだとか。

私に言わせれば、一般人である私ごときに深い共感を抱かせる敷居の低さにあるのでは。権威のある賞(などのもろもろのもの)はとかく難解なものをありがたがる傾向にあるから。

とにかく、比喩の巧みさとストーリーの奇妙さは相変わらず。そこに含まれた寓意は朦朧。

ある日突然。〜どこまでも冷ややかな複数形で。
までの表現が秀逸。

鳥肌立ちました

ようやく図書館でも書架で見かけるようになったので手にとってみた。「海辺のカフカ」以後の長編はあらすじ見ただけであんまり手に取りたいとも思えず…。
ヘミングウェイのそれに似たタイトルの短編集は相手を失ったかまさに失おうとしている男達のことを描いた短編でモテない人の話ではない。古くはフィッツジェラルドやヘミングウェイ、最近ではトレヴァーやカーヴァーなど欧米には短編の名手がいて自分も好きなのだけど村上春樹のそれもかなりいい線行ってて読ませるものばかり。さすがに実力者で衰えていないな、と思わせられたがやはり最近の長編は手に取る気にならず…なぜだろう。

『女いない男たちたち』 村上春樹 読了。

再読。大切な人を失った男たちの物語。タイトル通り「女のいない男たち」が主人公の短編集なので、どの作品も切なくて苦しい。本当に大切なことだけを忘れることなく、その他のおおかたの付属的事実をうまく忘れられたら、どんなにいいことだろう。

先日、村上春樹さんの「女のいない男たち」を読みました。

ちょっと不思議というか、ちょっと奇妙というか、そんな男女関係を描いた短編集といった感じでした(とはいえ、恋愛小説といった感じではないです)。

そして、村上春樹さんの小説を読むのは久しぶりなんですが(「多崎つくる(略)」以来)、文章が読みやすいですね(多少難しい表現もあるかもしれませんが)。

しかし、村上春樹さんの短編は、長編よりも、ちょっと不思議というか、ちょっと奇妙というか、そういった部分が強い気がして(短編のほうが、そういった世界観を書きやすいのかもしれません)、そんな村上春樹的世界観を楽しむといった感じですね(とはいえ、長編でも、ちょっと不思議だったり、ちょっと奇妙だったりする部分もあったりするから、一概には言えないか・・・)。

主人公を置いて、
物語は進む。

女性蔑視とかたまにたたかれる村上春樹だけど、すごく女性をリスペクトしているそして必要としていることがわかる。
男は弱い。

読者

Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee137eb9965 e75a 4437 a921 e26d592f43ab48dfe77b b1a5 45f9 912a ebf3b398676e16bd3bcd 3e8c 4a6e 8395 6b97cf6f35ad84665f1b 3ed6 45f2 86f7 7a442bac37fe08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c90cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8a 41人

村上春樹の本

MONKEY vol.12 翻訳は嫌い?

MONKEY vol.12 翻訳は嫌い?

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

特集「翻訳は嫌い?」に惹かれて購入。外文が好物なので。 巻頭の「日本翻訳史 明治篇」では、坪内逍遙や二葉亭四迷らが、西洋文学の翻訳を通して、新しい日本語(今私たちが読み書きしている日本語)を生み出していった歴史が述べられており、大変興味深く読みました。 「翻訳講座 村上春樹+柴田元幸」は、原文とお二人の訳文を比較しながら、良い翻訳とは何かについて論じています。私は柴田氏の翻訳が選書も含めて大好きなのですが、正確さよりも物語の雰囲気を重視した村上春樹の翻訳も読みやすくていいものだなあ、と思いました。

4か月前

Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa46dbdc6a4 9d7e 4688 a23d b7db3958e1b5