51dcp%2bhv4vl

やらないで後悔するな! やって後悔せよ! 嫉妬、強欲、色欲、憤怒、傲慢、暴食、怠惰。そのすべてを味わい尽くして、女は強く、美しくなる。いま、もっとも輝く二... 続き

コメント

大罪……
人間の本質について飾ることなく話されているのが面白い

その他のコメント

女というより人間なら誰でも陥る可能性がある七つの罪。作家とアナウンサーという違いはあれど、他人からの視線を意識せざるを得ない職業のお二人は、どうやって罪を飲み込み、振り払い、かわしてきたのか。

勝手なイメージで、欲の塊と知の塊の対談、という印象で読み始めたが、意外にも中年女性のぶっちゃけトーク。嫉妬と憤怒の章がオススメ。傲慢の章は自分のことを客観視できるからこその話。やっぱり頭いいんだなー。

読者

69824155 8938 47d5 a2bb a8ca8551eb54Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

林真理子の本

六条御息所 源氏がたり 上

六条御息所 源氏がたり 上

F9d0bb2a a231 4110 be0b 0b0457d25af1

apple

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

源氏物語が現代語で分かりやすく読める!古文勉強してる時にこれを読んでたら感情移入しやすかっただろうな〜。にしても、光源氏の好き勝手さよ!平安時代はなんと淫らでコンプラ違反だらけなんだ

2か月前

4d992493 bad7 4881 9601 875848105df6Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8
愉楽にて

愉楽にて

F9d0bb2a a231 4110 be0b 0b0457d25af1

apple

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

日経新聞にエロ連載が載るほど景気が回復したのか⁉︎と話題に。朝のおじさん達の楽しみ。 林真理子の不倫小説は濃厚で楽しい。特に今回は歳がいった男性達、知的で働く女性達が主人公。ありきたりな、イケメンダンディーとかわいいだけの女達の不倫じゃない。まさか、僕も、私も…?と、日経新聞読者層が自分を重ね、興奮する。興奮して、こんな楽しみがあるなら、もっと僕、私、頑張りたい、と思わせてしまう、働く日本人へのエール小説。

4か月前